テーマ:北米

米国経済:シェールガス革命の米国経済への影響に思う

米国経済:シェールガスの米国における経済効果は凄そうですね。 具体的には、今までにシェール革命によって米国では、約170万人の新たな雇用が生まれ、約618億ドルの税収を生んだとの事。 雇用や税収が増加したのは、 電力会社が発電燃料を石炭などからシェールガスに替えた事により電気代が安くなり、家計の可処分所得が増えた事(年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国経済:米国ではインストアクリニックが注目されているようです

米国経済:米国ではインストアクリニックが注目されているとの事。 インストアクリニックとは、ドラッグストアやスーパーなどの小さな診療スペースで、有資格者が行う簡単な医療サービス。 米国では、なんと、ドラッグストアで簡単な医療サービスや相談が受けられるようなのです。 TPPとの関係で医療分野に係る規制が緩和され、こうしたサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国経済:米国ではシェール革命の影響が輸送・運送業にも波及しつつあるようですね

米国経済:米国ではシェール革命の影響が輸送・運送業にも波及しつつあるとの事。 具体的には、鉄道や自動車の分野で、石油の代替燃料として、シェールガスを使う試みが始められているようです。 米国の輸送部門は石油消費量の約70%を占めると言われるだけに、石油がより安価なシェールガスに代替されたなら、物流コストが削減されたり、国内外の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国経済:米国では住宅への投資再開の動きがあるようです

米国経済:米国では住宅への投資再開の動きがあるとの事。 具体的には、ヘッジファンドが住宅ローン担保証券(MBS)への投資を再開する動きがあるようで、住宅価格も上昇しているようなのです。 「財政の崖」問題が未だ解決したとは言い難いと思われる中でも、こうした投資の流れが生じる事に、米国経済の強さを感じる次第です。 米国の活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国経済:米国の上場企業に「紛争鉱物」の使用に係る開示が義務付けられる事に思う

米国経済:米国の上場企業に「紛争鉱物」の使用に係る開示が義務付けられるとの事。 紛争鉱物とは、アフリカなどの紛争地域で採掘される鉱物資源。 そして、紛争鉱物の使用に係る開示制度は、紛争鉱物が自社製品に使われていたらなら、それを開示させるもので、紛争鉱物が紛争の資金源になっているとの声があって作られた仕組みのようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国経済:SECが中国企業に対し不正会計問題を巡り厳しい目を向けつつあるようです

アメリカ経済:SEC(アメリカの証券取引委員会)が、中国企業に対し、不正会計問題を巡り厳しい目を向けつつあるとの事。 * 現在SECは、不正会計の疑いで中国企業9社を調査中。又、アメリカの資本市場では、不正会計などの疑いで上場廃止になる中国企業が相次いでいます。 一般に中国企業の数字は、それくらい信用できないという事なのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国経済:米国企業による株式発行が盛んな事に思う

米国経済:米国企業による株式発行がここのところ盛んなようです(年初から総額2,000億ドル弱の発行、エネルギー関連が多いようです)。 金融緩和で金利が低下した結果、投資家は、より利回りが期待できる株式市場に目を向ける一方、企業側は、この機会に資金を調達し、生産設備の増強や研究開発につなげようとしているようなのです。 米国企業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の住宅着工件数(2012年10月)がリーマンショック前の水準に回復したようです

米国の住宅着工件数(2012年10月)が年率換算で89.4万戸となり、リーマンショック前の水準に回復したとの事。 この数値は、前月比3.6%増、しかも市場予測の平均を5.4万も上回る水準だったようです。 こうなると、「財政の崖」の趨勢が本当に気になりますね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の新生児の50%超が非白人になってきているようです

米国の新生児(2010年4月~2011年7月までの期間に生まれた新生児)の50.4%が非白人、49.6%が白人という結果になっているようです。 将来の米国の人口構成は、相当変わりそうですね。 その結果、米国の政治も相当変わっていくのかもしれないですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領再選にもかかわらずニューヨーク株式市場下落とはこれ如何に

オバマ大統領が再選を果たしたのにもかかわらず、ニューヨーク株式市場は早速下落。 大統領と米国議会のねじれ、米国議会内でのねじれなどがあって、「財政の崖」問題への懸念からなのでしょうか。 経済が心配。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タリーズコーヒーが米国で破産法の申請をしたのですね 驚きました

タリーズコーヒーが米国で破産法の申請をしたとの事(店舗の営業はそのまま続け、来年のはじめには破産法の枠組みから抜けたい模様です)。 コーヒーチェーンの競争も激しいという事なのでしょうね。驚きました。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の2012年9月の住宅着工件数が高水準になっている事に思う

米国の2012年9月の住宅着工件数が約87万戸(前月比約15%増、前年同月比約34.8%増)と、高水準になっているとの事。 米国の住宅市場は回復してきているのでしょうか。 欧州、中国、日本の経済状況が芳しくない中、インド経済にも黄色信号が灯りつつあるようですし、世界経済は数年前までの様に、米国の内需頼みの様相を呈しているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の「財政の崖」に思う

米国の「財政の崖」が、最近よく話題に上るようになっているように感じます。 この「財政の崖」とは、所得税などの大型減税(いわゆるブッシュ減税)が2012年12月末に期限を迎え(実質的な増税)、又、米国の債務問題をきっかけに2013年1月から国家予算が強制的に削減されるといったように、米国の財政をめぐる状況が変わる事態(非政府から見れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国企業の第二四半期の決算は好調のようです 米国企業は底力ありますね

米国企業の2012年第二四半期の決算は好調のようです。 具体的には、1980年以降で決算を比較可能な企業の約2,900社のうち約26%が、第二四半期に最高益だった模様。 業種別には、金融、消費関連(スーパーなど)、IT関連などが調子がいい様子で、内需が堅調な模様です。 米国企業は底力ありますね。 【ブログ内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国では小売(ウォルマートなど)や薬局チェーンが予防接種サービスを展開しているのですね

米国では小売や薬局チェーンが予防接種サービスを展開しているのですね。 予防接種の対象になっているのは主にインフルエンザ。 小売や薬局チェーンが予防接種サービスを展開するのは、集客が目的のようです。 ウォルマートでは、予防接種サービスを2,700店舗に拡大したり、予防接種の対象を百日咳やほうしんなどにも拡大していく動きを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の熱波・干ばつに思う

米国の熱波・干ばつは凄そうですね。米農務長官が米国土の60%が干ばつに見舞われていると記者会見したようです。 世界を見渡せば、ロシア、ウクライナも高温・乾燥に見舞われているようですし、南米は多雨のようです。 日本でも季節外れの台風が来ましたし、梅雨の九州の雨も尋常ではありません。 こんな天候だと、食糧事情が心配です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国のクリントン国務長官が就任約3.5年で100ヶ国超の国々を訪問しているのには驚きました

米国のクリントン国務長官は就任約3.5年で、100ヶ国超の国々を訪問しているらしいです。 凄い数の国を訪問しているのですね。 複数回訪問している国もあるでしょうから(日本には就任後3回訪れているようです)、そのタフさに驚いた次第です。 日本の外務大臣はどれくらいの数の国々を訪問しているのでしょうかね。 【ブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国がウナギをワシントン条約の対象にし国際取引を規制をするという提案を検討しているようです

米国がウナギをワシントン条約の対象にし(附属書�にアメリカウナギ他を入れる事を考えている模様)、国際取引を規制をするという提案を検討しているようです。 ワシントン条約とは、絶滅のおそれのある動植物の保護を目的とする条約。 規制内容を定めた附属書�~�があり、絶滅のおそれの具合により、異なる動植物の取り扱いを定めています(附属…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国で中国企業の証券登録取り消しが30社超にのぼっている事に思う

米国でSEC(米証券取引委員会)が、中国企業の証券登録を取り消し、上場廃止処分にするケースが増えているとの事(証券登録が取り消しになった中国企業は30社超にのぼるようです)。 SECが中国企業の証券登録を取り消しているのは、中国企業が財務情報の適時開示規制を守らなかったりしているためのようで、 財務情報の適時開示規制を守れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の2011年度小売業番付のトップはダントツでウォルマートだったようです

米国の2011年度小売業番付(売上ランキング)のトップは、ダントツでウォルマート(約3,161億ドル)なのですね。 「米国の2011年度小売業番付(売上ランキング)のトップ5」 1位 : ウォルマート(DS、約3,161億ドル) 2位 : クローガー(食品スーパー、約855億ドル) 3位 : ターゲット(DS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の新築一戸建て住宅販売件数(2012年4月)が前月比3.3%増、前年同月比9.9%増

米国の新築一戸建て住宅販売件数(2012年4月)が、前月比3.3%増、前年同月比9.9%増の34万3,000戸だったようです。 そしてこの数値は、市場予測33万9,000戸を上回るものだったようです。 米国経済は回復しつつあるのでしょうかね(少々甘い見通しかなぁ)。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グーグル・カー」に米国ネバダ州の公道走行に必要な免許が交付されたようです

「グーグル・カー」に、米国ネバダ州の公道走行に必要な免許が交付されたとの事。 「グーグル・カー」は、グーグルが身体障害者向けで事業化を目指し開発を進めている自動で走行する車。 日本で、「無人で動く車に自動車免許が与えられるのか」と考えると、なかなか難しいのではと考えてしまいます。 「グーグル・カー」に、米国のチャレンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の住宅市場は相変わらず芳しくない模様ですね

米国の住宅市場は相変わらず芳しくない模様です。 S&Pケース・シラー住宅価格指数(米国主要20都市の値動きを示す指数)は前年同月比で3.5%減となり、17ヶ月連続マイナスになっていますし、 3月の新築一戸建て住宅販売件数も32万8,000戸で、市場予測は上回ったものの、前月比で7.1%と大きく下げています。 世界経済は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国で電力取引が活況なようです

米国で電力取引が活況との事。 おそらく、米国は日本と異なり、発送電が分離されており、かつ、地域独占の形での電力供給ではないため、電力の売買(卸売市場)が盛んなのだと思います。 さらには、電力の需給を一致させる必要がある事、電力会社には停電回避義務がある事などと相まって、電力の売買がより盛んで、電力卸売価格の変動も激しい市場に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国で人材獲得を目的とする企業買収(アクハイヤー)が増えているようです

米国で人材獲得を目的とする企業買収(アクハイヤー)が増えているようです(買収企業の事業継続はしないで、人材を別の事業に回すようです)。 グーグル、フェイスブック、ツイッター、グルーポンなどが当該手法を活用しているようです。 米国は本当にドライですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国でシェールオイル・シェールガスが増産されつつあるようです

米国でシェールオイル・シェールガスが増産されつつあるようです。要は、化石燃料の採掘に関係して、今正に技術革新が起こっているように思います。 化石燃料を燃やしてエネルギーを取り出すのは今の所、CO2の問題は生じますが、かなり有望なエネルギー資源のようです(埋蔵量が多いようです)。 日本でシェールオイル・シェールガスはあまり話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」では車とITの融合がトピックスのようですね

家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES、米国ラスベガスで開催中)」では、車とITの融合がトピックスの一つようです。 フォードは米マイクロソフトと組み、ドライバーの健康状態を監視し、安全運転につなげる技術の開発を進めているようですし、ダイムラーは、グーグルマップをカーナビに活用する事を表明したりしているようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリニーク(エスティ・ローダー傘下の化粧品ブランド)の北米百貨店での売り場改革に思う

クリニーク(エスティ・ローダー傘下の化粧品ブランド)が、北米百貨店での化粧品の売り場改革を進めているようです。 具体的には、対面接客による化粧品の販売だけではなく、IT(iPadなど)を使って、お客自らがお肌診断システム(システムからされる質問に答えるとお薦め商品を表示するシステムのようです)を使ってお肌診断をし、試供品を試したり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東芝が家庭の電力供給を制御するための機器を北米市場に投入するようです

東芝が、家庭の電力供給を制御するための機器(スマートグリッド関連製品)を北米市場に投入するようです。 東芝は昨年(2011年)、スマートメータ大手であるスイスのランディス・ギアを買収したりするなど、スマートグリッド関連市場への戦略を着々と進めている感じですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の自動車メーカ(フォード、GMなど)がEV、HV、小型車で攻勢をかけてきているようです

米国の自動車メーカ(フォード、GMなど)が、EV(電気自動車)、HV(ハイブリッド車)、小型車といった日本の自動車メーカの得意分野であるエコカーの分野で、攻勢を強めているようです。 韓国勢(現代自動車など)の追い上げも凄まじいようですし、今後の日本勢の対応が気になりますね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more