テーマ:アジア

ローソンがJKT48と組んだ販促を計画しているのですね

ローソンがJKT48と組んだ販促をインドネシアで計画しているとの事。 企業の海外展開にAKBグループが関係するまでになるとは、AKBグループの凄さを改めて感じた次第です。 「あきちゃ」がんば。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド経済:インドの経済成長率が減速してきているようです

インド経済:インドの経済成長率が減速してきているようです。高い成長率(年率9%増の年もあります)を誇っていたインドが、5%台の経済成長となってしまっているようなのです。 経済成長率が鈍っているのは、雇用に問題があるため、又、その結果、個人消費が伸びないための模様。 インド経済に関して、2005~2009年度の雇用の増加率は年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピン経済:フィリピンの株式市場が最高値を更新したようです

フィリピン経済:フィリピンの株式市場(フィリピン証券取引所総合指数(PSEI))が、又、最高値を更新したとの事。そして、最高値の更新は、今年(2012年)になって35回目。 単純計算で10日に一度の割合で株式市場の最高値が更新されたとは、驚きました。 世界経済が全般的に芳しくない中、ASEAN(アセアン)諸国の経済は比較的健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピンの2012年6月~9月期のGDPの成長率が7.1%増を記録した事に思う

フィリピンの2012年6月~9月期のGDPの成長率が7.1%増を記録したとの事。 フィリピンのGDPは個人消費が約70%を占め、人口も約8,000万人、株価もここのところ上昇しているみたいですし、もう少し注目されてもいい国かもしれないと感じます。 日本のメディアでは、東南アジアの事情はあまり伝えられていないように思いますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人民元、ウォンが高くなっている事に思う

中国の人民元、韓国のウォンが高くなっているようですね。 人民元は対ドルで、人民元切り上げ後(2005年7月)、最高値を記録したようですし、ウォンも13ヶ月ぶりの高値になっています。 人民元の実態は、固定相場のようなものだと思いますので、人民元の高値には、なんらかの中国政府の思惑が絡んでいるのかもしれないですね(対米国対策との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASEANへの日本からの直接投資額は 中国への直接投資額より多くなっているのですね

ASEANへの日本からの直接投資額は、中国への直接投資額より多くなっているようです。 2011年の中国への日本からの直接投資額は約1兆円に対し、 ASEANへの日本からの直接投資額は約1.5兆円。 2012年4月~6月の直接投資額も、中国に対してが約3,000億円に対し、 ASEANに対してが約3,800億円にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナム経済の成長が鈍化しつつあるようです

ベトナム経済の成長が鈍化しつつあるようです。 経済成長率で言えば、まだ4.7%(2012年1月~9月期の実質GDPの成長率)と高いですが、これまでは6~8%の経済成長をしてきていた事を考えると、ベトナム経済は鈍化してきていると言えるのだと思います。 しかも、不動産価格が急落したり、銀行の不良債権が増えたりもしている模様。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

インドでコンビニやスーパーなどの小売業分野での外資参入が認められた事に思う

インドで、コンビニやスーパーなどの小売業分野での外資参入が、一定の条件の下、認められたとの事。 インドでの小売業分野の外資参入に関しては今まで、インドの国内事情(外資の参入を認めればインドの小売業者が壊滅的な被害を受けるとの声があるなど)から、紆余曲折がありました。 そんな事を考えると、参入が可能になったと言っても、現地の事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトホールディングスが日本とアジア諸国間での宅配(宅急便)の翌日配送を始める事に思う

ヤマトホールディングスが、日本とアジア諸国間での宅配(宅急便)の翌日配送を2012年度中に始めるとの事。 沖縄を中継地にして日本とアジアを航空便で結ぶ事で当該サービスを実現する模様で、まずは、日本と台湾、上海、香港間での宅配(宅急便)の翌日配送を始める模様。 ゆくゆくは、シンガポールやマレーシアにも当該サービスを広げていくよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京23区がアジア途上国のゴミ処理を支援する国際協力及びビジネスを始める事に思う

東京23区(東京23区清掃一部事務組合)が、アジアの途上国のゴミ処理を支援する国際協力及びビジネスを始めるとの事。 具体的には、アジアの現地政府や自治体に、 ◆ゴミの発生量の推計手法、ゴミの収集・運搬計画の立案での協力 ◆清掃工場の建設や運営での相談 ◆海外からの研修生の受け入れ ◆海外からの視察者の受け入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドネシアが精錬加工していない銅やニッケルなどの鉱石の輸出を禁ずる方針である事に思う

インドネシアが、精錬加工していない銅やニッケルなどの鉱石の輸出を禁ずる方針との事(2012年5月6日に当該禁止令は発動される模様)。 資金や技術などの面で力をつけた資源国は、資源をより価値ある形に加工して輸出、従来よりも自国に利益が落ちるビジネスモデルを模索しているのではないかと思います。 こうした傾向が進めば、製造業などに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新興国(中国、インド、ブラジルなど)が金融緩和に動きつつあるようです

中国、インド、ブラジルなどの新興国が金融緩和に動きつつあるようです。 新興国の経済成長を支えてきたのは一般には、海外需要と欧米からの投資マネーの流入と言われています。 リーマンショック、欧州の金融危機などで、欧米の需要や欧米からの投資マネーの流入が芳しくない中、景気を支えるために新興国は金融緩和に動きつつある模様。 欧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邦銀のアジアへの2011年12月末時点の与信残高が約2,100億ドルで過去最高となった事に思う

邦銀によるアジアに対する2011年12月末時点の与信残高が、約2,100億ドル(前年比24%増)で過去最高となったとの事。 欧州の金融危機の影響で、日本の金融機関によるアジアへの貸し出しが増えている結果なのでしょうね。 ただ、邦銀の2011年12月末時点の国際与信残高は約2兆7,000億ドルで、アジアに対する与信残高シェアは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの新車販売が急減速しているようです

インドの新車販売が、前年度の30%弱の伸びから2011年度は7~8%の伸びへと急減速しているとの事。 インドの新車販売の急減速は、燃料高、ローン金利の上昇が起因しているようです。 新興国にも金融危機、資源高の影響が忍び寄ってきているようですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド向け官民型インフラ輸出の第一段として淡水化プラントが決まった事に思う

インド向け官民型インフラ輸出の第一段として、海水を淡水化するプラントが決まったようです。 具体的には、インド北西部のグジャラート州に淡水化プラントを建設。 そのプラントで作られた水はグジャラート州政府の関連企業が買い取り(27年間で総額4,000億円にもなるようです)、工業団地で使われるようです。 尚、当該プロジェクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北九州市がエネルギーを効率的に利用する技術をインドネシアに輸出するための調査事業を始めるようです

北九州市が民間企業と共同で、電力や熱などのエネルギーを地域全体で効率的に利用する技術をインドネシアに輸出するに際しての調査事業を2012年3月にも始めるとの事。 当該事業は、経産省のインフラ輸出に係る委託事業の一つのようです。 北九州市は水ビジネスの海外展開にも積極的ですし、今回はエネルギーインフラの海外展開という事で、イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東南アジア企業による欧米企業や中国企業などの買収が相次いでいるようです

東南アジア企業による欧米企業や中国企業などの買収が相次いでいるとの事。 2011年で、東南アジア企業が買い手の国際買収が290億ドル(約2兆3,000億円)にも達している模様です(中国企業の買収が105億ドル、米国企業の買収が48億ドル、オーストラリア企業の買収が22億ドルなど)。 日本企業による海外企業の買収が2011年上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランフラン(雑貨店)を運営するバルスが本社を香港に移転する事に思う

フランフラン(雑貨店)を運営するバルスが2012年4月に、本社を香港に移転するとの事。 アジアへの出店を今後進めていくのに備えるためというのが、本社移転の理由のようです。 日本にいると法人税が高い、各種規制が多いなど、日本に本社を置くメリットを企業が感じなくなってきているのかもしれませんね。 これからこうした企業が増え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京23区清掃一部事務組合がマレーシアで検討中のごみ焼却工場の事業化調査に参加するようです

東京23区清掃一部事務組合(東京23区がごみ処理事業のために共同で作った組織)が、マレーシアで検討中のごみ焼却工場の事業化調査に参加するとの事。 当該調査事業には、日輝、日立造船、日立製作所、JX日鉱日石エネルギーも参加する模様です。 東京23区が関係した組織が、ごみ処理技術の売り込みをするのですね。驚きました。 地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールの2011年のGDPの成長率が4.9%増となったようです

シンガポールの2011年のGDPの成長率が4.9%増(2010年は14.8%増)となったようです(2011年10~12月期は前年同期比2.5%のマイナス)。 2012年の経済成長率も1~3%程度と予測しているようで、なかなか厳しそうですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teiten…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアの2011年のGDPの成長率は5.1%増になった模様です

マレーシアの2011年のGDPの成長率が5.1%増(2010年の7.2%増からは減速)になった模様です。 輸出が3.7%増と、2010年の9.9%増に比べ伸び悩んだ事が、経済の成長率が減速した主因のようです。 ここでも、世界経済の減速が響いているという感じですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドとEUがFTAの早期妥結で合意した事に思う

インドとEUがFTAの早期妥結で合意した事。 注目したいのは、もしインドとEUがFTAを結んだ場合の日本(日本企業)への影響で、FTAの中身次第では、かなり日本(日本企業)に影響しそうな感じです。 自動車を巡る扱いが焦点の一つになっているらしいためです。 EUは、現在のインドの自動車に係る高い輸入関税をなくし、ユーロ安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双日などの日系企業がミャンマーでの事業参入を検討しているようです

双日などの日系企業が、ミャンマーでの事業参入を検討しているようです。 双日は工業団地の建設を計画しているようですし、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅などは、駐在員を増員するようですし、日立製作所、三菱重工業、千代田化工建設なども、ミャンマーでの事業機会を狙っている模様です。 これらの動向は、多分に、ミャンマーの政情が安定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの2011年度GDPは前年比6.9%増の見通しのようです

インドの2011年度GDPは前年比6.9%増の見通しのようです。 当初、2011年度GDPを前年比7.6%増を見込んでいた事、2010年度の実績が前年比8.4%増であった事から、2011年度の経済成長率は低水準との評価のようです。 しかし、日本と比べれば、低くない成長率ですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日系のファンド(DIアジア産業ファンドなど)がベトナム企業への投資を加速させている事に思う

日系のファンドがベトナム企業への投資を加速させているとの事。 * DIアジア産業ファンド(ドリームインキュベータとオリックスが共同運用)、サイバーエイジェント・ベンチャーズ(サイバーエイジェント系)などがベトナムの医療関係やネット関連の企業に投資しているようです。 円高の環境下、海外へ投資が進んでいるのですね。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェトロがインドの展示会でブースを確保し日本の加工食品メーカのインド進出を支援するようです

ジェトロ(日本貿易復興機構)が、2012年3月13日~14日にインド・ニューデリーで開かれる展示会「AAHAR2012 インターナショナル・フード&ホスピタリィティー・フェア」にブースを確保するなどして、日本の加工食品メーカのインドへの進出を支援するとの事。 ジェトロが確保するブースへの出展料は無料のようです。 又、今回の展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピンの2011年のGDPは前年比3.7%増だったようです

フィリピンの2011年のGDPは前年比3.7%増だったようです(この数値は、2010年の7.6%増や2011年の政府目標である4.5~5.5%増を下回る)。 2011年のGDP成長率が前年や政府目標を下回ったのは、個人消費は堅調だったものの、欧州危機などの影響で輸出が落ち込んだためのようです。 アジア経済にも欧州危機の影響が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国やインドもシェールガスの開発を始める模様です

中国やインドもシェールガスの開発を始める模様です。 中国のシェールガスの推定埋蔵量は世界最大の模様で、欧米企業の技術を導入してシェールガスを開発し、将来のエネルギー需要に備えるようです。 インドもシェールガスの国内での開発に前向きなようで、米国との間で技術協力や投資誘致などに係る覚書をかわしたようです。 一方、エネルギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア(ジャカルタ郊外)で労働者らによる賃上げを求めるデモが起きた事に思う

インドネシア(ジャカルタ郊外)で労働者らによる賃上げを求めるデモ(10,000人以上の規模のようです)が起きましたね。 労働者らによる賃上げを求めるデモは、インドネシアに限らず、中国、インドなどでも起きています。 ジェトロ(日本貿易復興機構)によれば、アジア進出企業の経営上の最大の問題が現地従業員の賃金上昇との結果も出ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでは総合小売業への外資規制が続いているのですね

インドでは、総合小売業(複数ブランドの製品を販売する店舗)に外資が一切出資できないとする外資規制が続いているのですね。 * 期待されていたインドにおける総合小売業の外資への参入解禁は先送りされた模様です。 とは言え、遠くない時期にインドの総合小売業への外資規制は解禁されるのでしょうから(そうした観測もあるようです)、巨大市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more