テーマ:欧州

フランスが現金決済で取引が可能な取引の上限を引き下げる事に思う

フランスが現金決済で取引が可能な取引の上限を引き下げるとの事。 具体的には、現在3,000ユーロまで認められている現金決済での取引を、1,000ユーロにまで引き下げるようで、こうした動きは、スペインやイタリアなどでも出てきている模様です。 そして、付加価値税の課税逃れを防止するのが、当該制度の趣旨のようです。 確かに現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州経済:欧州の金融市場に投資資金が戻ってきているようです

欧州経済:欧州の金融市場に投資資金が戻ってきているとの事(株式、通貨、国債はそろって高値圏にある模様)。 とは言うものの、欧州経済に関して楽観的にはなれない私です。 欧州経済が真暗ではなくなるのはいい事ですが、本当に大丈夫なのかなぁ。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teiten…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州経済:欧州中央銀行が2013年の実質GDPの成長率を0.3%に引き下げたようです

欧州経済:欧州中央銀行が2013年の実質GDPの成長率を0.3%減に引き下げたとの事(2014年は1.2%増)。 欧州経済が回復するには、まだまだ時間がかかりそうな感じですね。 そして、欧州を主要な輸出先とする国々(中国、韓国、米国など)の経済にも欧州危機の影響はまだまだ残りそうな感じですし、それらの国々と貿易する日本への影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコットランドやカタルーニャが独立を目指す動きを進めている事に思う

スコットランドやカタルーニャが独立を目指す動きを進めているとの事。 スコットランドがイギリスからの独立を目指したり(2014年に独立の是非を問う住宅投票を実施する模様です)、カタルーニャがスペインからの独立を目指しているとは、驚きました。 独立後もEUに加盟すれば、経済的にも、安全保障的にも、国としてやっていけるという考えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツでも企業の生産調整や人員削減の動きがでてきているようです

経済が比較的好調とみられていたドイツでも、企業の生産調整や人員削減の動きがでてきているようです。 具体的には、自動車関連(ボッシュ、オペルなど)や鉄鋼関連(メルク、ティッセン・クルップなど)や流通関連(カールシュタットなど)の企業などで時短勤務を実施する所や人員削減に動いている所があるようなのです。 * ドイツにおける機械受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインの国債や金融機関の格付けが下がりましたね

ムーディーズがスペインの10年国債の格付けを3段階下げたり(A3→Baa3)、フィッチがスペインの金融機関17行の長期信用格付けを一斉に下げたりしていますね。 欧州の金融危機はどうなってしまうのでしょうか。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.webry.info…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャの銀行の預金残高が間近のピーク比で30%も減っているようです

欧州中央銀行(ECB)によれば、ギリシャの銀行の預金残高が間近のピーク比(この2年くらいの間)で30%も減っているとの事。 預金残高の間近のピーク比は、スペインでも5%減、ポルトガルでも2.5%減、イタリアでも0.7%減となっている模様。 欧州金融危機の行く末は少々心配です。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IMFが欧州の銀行が総資産を2兆ユーロ(約210兆円)圧縮するおそれがあると分析しているようです

IMFの分析によれば、欧州の銀行が、総資産(貸し出しなどの資産)の内、約7%にあたる2兆ユーロ(約210兆円)を2013年末までに圧縮するおそれがあるとの事。 210兆円という規模に驚きました。 IMFの分析が本当の事になるとすれば、世界経済は今以上に大変な事になりそうです。 少々心配な情報です。 【ブログ内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州の若年層の失業率は約20% その高さに驚きました

欧州での若年層(25歳未満)の失業率が約20%にもなっているとの事。 特に南欧の若年層の失業率は高く、ギリシア、スペインで50%以上、アイルランド、イタリア、ポルトガルで約30%、フランスでも約20%となっている模様です(2012年2月時点)。 信じられないくらいの失業率の高さに驚きました。 中国でも大学卒で就職ができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州の金融機関の預貸率が低下し始めている事に思う

欧州の金融機関の預貸率(貸出/預金*100%)が低下し始めているとの事(要は貸し渋りの傾向が出てきている模様です)。 すなわち、欧州の金融機関の預貸率は従来120%~130%だったようなのですが、2012年1月には116%を割り込んだようなのです。 日本の場合、1995年時点で約115%であった預貸率は今や約74%のようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーディーズがイタリア、スペインなどの国債の格付けを下げた事に思う

ムーディーズがイタリア、ポルトガル、マルタ、スロバキア、スロベニアの国債の格付けを1段階、スペインの国債の格付けを2段階下げたとの事。 ギリシャが問題になっている中(ギリシャへのEUなどからの金融支援問題への懸念は一時的に後退したようですが、CDSなどは心配ですね)、6ヵ国の国債の格付けが引き下げられるとは(国債の格付け引き下げの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フランスのサルコジ大統領次期大統領戦に向けて苦戦中のようです

フランスのサルコジ大統領が、次期大統領戦に向けて苦戦中との事(世論調査では支持率においてライバルのオランド氏の後塵をはいしているようです)。 このままサルコジ大統領が大統領に再選されなかった場合、欧州の金融危機対応のフレームワークに影響するかもしれないですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州の銀行が資産圧縮を加速させているみたいですね

欧州の銀行が資産(リスク資産)圧縮を加速させているみたいですね。ユーロ圏の国々の国債の価値の下落で、欧州の銀行の財務体質が悪化、金融機関に対する自己資本規制に抵触するおそれがあるためのようです。 * 三井住友FGによるRBS(英国の銀行)からの航空機リース事業の買収も、RBSのリスク資産圧縮が目的との観測もあるようです。今後、邦銀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more