テーマ:スマートグリッド

東京電力の2018年度までに約1,700万台のスマートメーターを管区内に設置するという計画に思う

東京電力が2018年度までに、約1,700万台のスマートメーターを管区内に設置する計画との事。 福島第一原子力発電所の事故に係る補償・廃炉、電気料金の値上げと、問題が多々あると思われる東京電力ですが、次世代に向けての投資は着実に実施して欲しいとも思いました。 こうした点からすれば、省エネに資するスマートグリッドに対応するスマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東芝が家庭の電力供給を制御するための機器を北米市場に投入するようです

東芝が、家庭の電力供給を制御するための機器(スマートグリッド関連製品)を北米市場に投入するようです。 東芝は昨年(2011年)、スマートメータ大手であるスイスのランディス・ギアを買収したりするなど、スマートグリッド関連市場への戦略を着々と進めている感じですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱地所が東京・丸の内周辺でスマートグリッドを導入する事に思う

三菱地所が2013年度から、東京・丸の内周辺で(約30棟のビルが対象のようです)、スマートグリッドを導入するとの事(2012年度に試験導入、2013年度に本格導入の計画のようです)。 3.11の事を考えると、災害に強いまちづくりを考えたいですよね。 さらには、電力需給不安の中長期化、電力料金の上昇などを考えての動きのように思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省がスマートメーターの統一規格をまとめる事に思う

経産省が、スマートメーターの統一規格をまとめる作業をしているとの事。 スマートメーターの規格を統一する事は、電力に関連した新サービス(HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)など)の開発を促進する意味で効果的だと思いました。 一方、従来から、スマートメーターのテスト導入やHEMSやスマートハウスなどの構築は進め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ABB(スイスのエンジニアリング会社)や米IBMなどが日本のスマートグリッド市場に参入するようです

ABB(スイスのエンジニアリング会社)、米IBM、米GEなどが日本のスマートグリッド市場に参入するようです。 外資系の企業が日本のスマートグリッド市場に参入するのは、昨今の電力需給の逼迫を鑑み、デマンドレスポンス(ITを使ってピーク時の電力需要を抑制しようとする考え方)の観点から、日本のスマートグリッド市場がホットになると考えたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三井不動産などが「柏の葉キャンパスシティ」でエネルギーを一元管理するシステムを構築する事に思う

三井不動産・日立製作所など18社が、千葉県・柏市の「柏の葉キャンパスシティ」で、電力などのエネルギーを一元管理するシステム(地域全体のエネルギー使用量を一元的に把握・管理し、街でのエネルギー使用効率を高めるためのシステム)を構築するとの事。 将来的には、スマートグリッドの構築も視野に入っている模様です。 「柏の葉キャンパスシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NTTドコモが携帯電話基地局電源に再生可能エネルギーを利用するグリーン基地局を検討している事に思う

NTTドコモが、携帯電話基地局の電源に太陽光や風力などの再生可能エネルギーを利用する「グリーン基地局」の導入を検討しているとの事。又、余剰エネルギーが発生した場合には、外部に販売することも検討している模様です。 まず2012年度に、全国で約10カ所を整備(現在、NTTドコモの基地局数は約90,000)。ゆくゆくは、電力の需給調整を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西電力が太陽光発電装置から作った電力を安定供給する実験を始める事に思う

関西電力が、太陽光発電装置から作った電力を安定供給する実験を2011年7月から始めるとの事。 当該実験は、大阪・堺で全面稼働予定の堺太陽光発電所を使ったもののようで、蓄電池を使ったり、火力発電所などとも組み合わせて行うもののようです。 今後、再生可能エネルギーの開発がどんどん進むのでしょうね。 *堺太陽光発電所 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立製作所が分散型エネルギー管理システムの実証実験をする事に思う

日立製作所が、分散型エネルギー管理システムの実証実験を、茨城県日立市でするとの事。 日立製作所が行う分散型エネルギー管理システムとは、事業所(工場など)内に小型電源や蓄電池などを設置し、事業所内への電源供給と事業所内の電力使用量の管理をすると同時に、電力供給に障害が起こった場合には、早期に電源を復旧しようとするシステム。 事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明電舎・シャープ・NECがマイクログリッドで提携する事に思う

明電舎・シャープ・NECがマイクログリッドで提携するとの事。 一般に電力は、電力会社の発電所で作られ、変電所や送電線などの設備を使って家庭や工場に送られています(要は大規模な発電設備で大きなエリアをカバーするように作られたインフラ)。 マイクログリッドとは、現状のそういった大規模な発電・送電の仕組みに対比して使われる言葉で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NECがエネル社(イタリアの電力会社)とスマートグリッドシステムの共同開発をする事に思う

NECがENEL Distribuzione(エネルディストリビュゾーネ、イタリアの電力会社ENEL SpAの関連会社)と、スマートグリッドシステムの共同開発し、スマートグリッドシステムのイタリア国内での実証実験をするとの事。NECは、蓄電池システムの開発などを受け持つようです。 両社の提携は、将来のスマートシティ構築をも睨んだも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ自動車とマイクロソフトが次世代車載システム(テレマティクス)で提携する事に思う

トヨタ自動車とマイクロソフトが次世代車載システム(テレマティクス)で提携するとの事。 * テレマティクス(Telemacs)とは、テレコミュニケーション(Telecomunication)とインフォマックス(Informatics)からできた造語で、移動体(自動車など)に対して行う移動体通信を使ったサービスシステムの総称。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)がハワイで日米共同のスマートグリッド実証実験をする事に思う

新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)がハワイ・マウイ島で、日米共同のスマートグリッド実証実験をするとの事。 当該スマートグリッド実証実験は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーと電気自動車(EV)を組み合わせた次世代電力網(スマートグリッド)を構築・運用するもののようです。 電気自動車(EV)は、天候によって再生可能エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電力各社が2012年度から無線通信を組み込んだスマートメーターを本格導入する事に思う

電力各社が2012年度から、無線通信を組み込んだスマートメーターを家庭に本格導入する計画との事。 2012年度は100万世帯に、2020年度には全世帯である5,000万世帯にスマートメーターを導入するという計画のようです。 スマートメーターは、スマートグリッド実現のためのキーになる機器の1つ。 電力会社とネットで繋がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱商事・三菱自動車・三菱電機がEVを工場などの蓄電池として使うシステムを共同開発する事に思う

三菱商事・三菱自動車・三菱電機が、EV(電気自動車)を工場などの蓄電池として使うシステムを共同開発、三菱自動車の名古屋製作所で当該システムの実験をするようです。 開発するシステムは、三菱自動車の電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」、工場に設置される太陽光発電装置、電力を制御するシステムなどで構成され、工場の電力の需給に応じ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産、東京電力などと横浜市がAPEC開催に合わせてスマートグリ ッド関連の展示場を開設した事に思う

日産自動車、東京電力、東芝など7社と横浜市が、APEC開催に合わせて横浜で、スマートグリッド関連の展示場(スマートグリッドの実証実験「横浜スマートシティプロジェクト」のデモ展示)を開設したとの事。 デモ展示を見学できるのは、APEC関係者だけのようなのが少々残念です。 見学制限がなければ、デモ展示を見てみたいと思いました。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NTTドコモ・NECなどが横浜みなとみらい21でスマートグリッドに関係する実証実験を実施する事に思う

NTTドコモ・NECなど10社を超える企業が共同で、横浜みなとみらい21地区において、スマートグリッドに関係する実証実験を実施するとの事。実験期間は、2010年11月~2011年3月のようです。 当該実証実験は、「スマート・ネットワークプロジェクト」(スマートグリッド社会・電気自動車社会を見据えて、システム基盤となる通信規格の策定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NEDOが2011年度からアジア・アフリカなどでスマートグリッドなどの実証実験を実施する事に思う

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が2011年度から、東南アジア・アフリカ・中東などで、スマートグリッドなどの実証実験を始めるとの事。当該プロジェクトには、東芝、日立製作所、三菱電機なども参加する模様です。 実証実験では、太陽光発電、電気自動車、スマートグリッドを組み合わせた新たな都市インフラの構築を目指すようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄電力による沖縄県・宮古島での次世代送電網(スマートグリッド)施設稼働に思う

沖縄電力が、沖縄県・宮古島で、次世代送電網(スマートグリッド)施設を稼働させたとの事。 太陽光発電所、風力発電所、化石燃料を使う火力発電所を蓄電池(リチウムイオン電池など)とつなぎ、太陽光発電、風力発電の発電量の変動を制御、電力を安定供給する仕組みを稼働させたようなのです。 しかも、当該制御システムは、宮古島全体の人口が約5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士通がアメリカでスマートグリッド事業に参入する事に思う

富士通がアメリカでスマートグリッド事業に参入するとの事。電力制御システム(エネルギーマネジメントシステム:EMS)やスマートメーターに内臓する半導体の開発などをするようです。 電力制御システム(エネルギーマネジメントシステム:EMS)にIT力・ソフトウェア開発力は必須だと思いますが(スマートグリッドの要はITだと思います)、従来、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立とパナソニックが次世代送電網(スマートグリッド)で提携する事に思う

日立とパナソニックが次世代送電網(スマートグリッド)で提携するとの事。 送電網の制御技術に強みを持つ日立と、住宅内のエネルギ関連技術に強みを持つパナソニックが手を組み、送電網と住宅間の各種データのやり取りを標準化、それを業界標準にしていきたい模様です。 スマートグリッドは、住宅、自動車といった他のシステムとの連携が欠かせませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマートグリッドの市場規模が2020年には5兆8,000億強になるとの富士経済の予測に思う

富士経済(調査会社)によれば、次世代送電網(スマートグリッド)の市場規模が2020年には5兆8,000億強になるとの事。 2009年で9,400億、2010年では1兆円超と予測されており、2020年には現在の約6倍になる計算です。 スマートグリッドは、住環境(太陽光発電を設置した住居など)、自動車(電気自動車など)などにも関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ、日立、パナソニック、日本風力開発が六ヶ所村でスマートグリッドの実証実験を始める事に思う

トヨタ自動車、日立製作所、パナソニック電工、日本風力開発が、青森・六ヶ所村でスマートグリッドの実証実験を2010年9月中旬に始めるとの事。実験期間は2012年7月までの約2年間のようです。 実証実験では、スマートハウスと呼ぶエネルギーを効率的に使う住宅を用意(太陽光発電装置、風力発電装置、電力の監視・コントロールに使うスマートメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京電力、東芝などが共同で蓄電池を使うスマートグリッドの実証実験を行う事に思う

東京電力、東芝、ソニーエナジー・デバイスなどが共同で、蓄電池(リチウムイオン電池)を使うスマートグリッドの実証実験を行うとの事。 送電網内の蓄電池の充電量などの情報を収集・一元管理し、蓄電池などを適宜コントロール、送電網内の電力品質を安定させるといった実験をするようです。 蓄電池の充電量などの情報の収集は、ネットを使って自動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LPGの全販売店が家庭用燃料電池を購入計画をたてている事に思う

LPGの全販売店が、家庭用燃料電池を購入する計画をたてているとの事。家庭用燃料電池は、LPGや都市ガスから水素・酸素を取りだし、それらを反応させて電気を作る電池。 LPG業界からすれば、LPGを使う顧客数・LPGの使用量が徐々に減っている中、起死回生のツールとして家庭用燃料電池を位置づけているようです。LPG販売店自らが家庭用燃料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三洋電機・米国カリフォルニア大の電力供給技術の実証実験に思う

三洋電機と米国カリフォルニア大学が共同で、電力供給技術の実証実験を行うとの事。太陽電池と2次電池(蓄電池)を使って、電力供給を安定させる仕組みのようです。 米国カリフォルニア大学が持つ画像処理技術を利用して、雲の動きを予測し(コンピュータで空をモニタリング、太陽光発電に適した日照が得られるかを判断)、太陽光発電で発電した電気を使う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエストホールディングスの太陽電池の日照時間保証サービスに思う

ウエストホールディングス(太陽光発電・太陽電池パネルの施工業者)が、自社で施工した住宅用太陽電池(太陽光発電)について、日照時間を保証するサービスをはじめるとの事。 天気が悪いなどして、ウエストホールディングスが保証した日照時間が得られなかった場合に、ウエストホールディングスが負担する損害保険(東京海上日動火災保険が開発した保険)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立・大崎電気のスマートグリッド分野(スマートメーター)での提携に思う

日立と大崎電気とが、次世代送電網(スマートグリッド)関連事業で提携するとの事。スマートメーターに関するシステム開発などで手を組むようです。 大崎電気は、電気メーター事業の最大手。日立は、1960年代に、電気メーター事業から撤退。最近、スマートグリッドに関係し、通信機能・コンピュータ処理機能を搭載したスマートメーターへの期待が強い中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省主導の産官学プロジェクト「次世代送電網(スマートグリッド)制御技術の実証実験」に思う

経産省が主導する産官学プロジェクトで、次世代送電網(スマートグリッド)の制御技術の実証実験を始めるとの事。3年間に20億円を投じ、太陽光発電、電気自動車などとの間の電力のやり取りを最適に制御する仕組みを実験するようです。参加者は、東芝、日立製作所、東京電力、関西電力、三菱自動車、ダイキン工業、東大、東工大など、そうそうたるメンバーです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ガスと大阪ガスが共同で行う「スマートエネルギーネットワーク」の実証実験に思う

東京ガスと大阪ガスが、コージェネレーションと太陽光発電などを組み合わせて温暖化ガスを削減する「スマートエネルギーネットワーク」の実証実験を共同で始めるとの事。 最近、スマートエネルギーと言えば、スマートグリッド・太陽光発電に関連して電気(電力会社)の話題がホットのような気がします。又、太陽光発電を家庭に導入する際に、合わせて家をオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more