テーマ:社会インフラ

日本経済:企業の倒産件数(2013年4月)は900件弱と22年ぶりの低水準だった模様です

日本経済:企業の倒産件数(2013年4月)は900件弱(前年同月比で10.4%減)と22年ぶりの低水準だった模様です。 中小企業金融円滑化が2013年3月末で終了し、その影響が心配されていましたが、まだその影響は表面的には出ていないという事なのでしょうか。 確かに中小企業金融円滑化によって資金がまわり倒産を防止できた面はある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税における軽減税率の対象品目を第三者委員会で選定する事が検討されている事に思う

消費税における軽減税率の対象品目を第三者委員会で選定する事が検討されているとの事。 確かに軽減税率の選定は、利権の温床になりそうですからね。 とはいうものの、どの品目を軽減税率の対象にするかについては揉めるのでしょうね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国経済:シェールガス革命の米国経済への影響に思う

米国経済:シェールガスの米国における経済効果は凄そうですね。 具体的には、今までにシェール革命によって米国では、約170万人の新たな雇用が生まれ、約618億ドルの税収を生んだとの事。 雇用や税収が増加したのは、 電力会社が発電燃料を石炭などからシェールガスに替えた事により電気代が安くなり、家計の可処分所得が増えた事(年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手銀行の貿易金融がますます高度化してきている模様です(LCや船荷証券も電子化している模様 )

大手銀行の貿易金融がますます高度化してきている模様です。 というのも、LC(信用状)や船荷証券も電子化されつつあるようなのです。 凄い時代になりましたね。 尚、貿易関連の情報のやりとりは、「ボレロ」や「TSU」を使うようです。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teiten…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率(消費税)についての有職者への聞き取りが開始されたようです

軽減税率(消費税)についての有職者への聞き取りが開始されたようです。 今年の秋までには、軽減税率導入に係る中間報告がまとめられるとの事。 どうなるのでしょうかね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、同族会社(オーナー企業)という経営形態が見なおされているようですね

最近、同族会社(オーナー企業)という経営形態が見なおされているようです。 教科書的に言えば、会社は、「所有と経営の分離」がなされ、コーポレートガバナンスや内部統制がしっかりしているのがいいとされていると思いますが、 企業のパフォーマンス面を考えると、同族会社(オーナー企業)という経営形態にも魅力があるという事のようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国経済:米国ではシェール革命の影響が輸送・運送業にも波及しつつあるようですね

米国経済:米国ではシェール革命の影響が輸送・運送業にも波及しつつあるとの事。 具体的には、鉄道や自動車の分野で、石油の代替燃料として、シェールガスを使う試みが始められているようです。 米国の輸送部門は石油消費量の約70%を占めると言われるだけに、石油がより安価なシェールガスに代替されたなら、物流コストが削減されたり、国内外の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本経済:競争力会議で倒産法制の見直しなどが議論されるようですね

日本経済:競争力会議で倒産法制の見直しなどが議論されるようですね。 具体的には、財務内容が悪化した企業に早期の倒産処理を義務付けるルールや雇用調整助成金などが議論される模様です。 議論の行方はわかりませんが、結果次第では、企業、企業で働く従業員などに大きな影響がありそうですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスが現金決済で取引が可能な取引の上限を引き下げる事に思う

フランスが現金決済で取引が可能な取引の上限を引き下げるとの事。 具体的には、現在3,000ユーロまで認められている現金決済での取引を、1,000ユーロにまで引き下げるようで、こうした動きは、スペインやイタリアなどでも出てきている模様です。 そして、付加価値税の課税逃れを防止するのが、当該制度の趣旨のようです。 確かに現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・武蔵村山市で乗り合いタクシー「むらタク」の運行が始まるようです

東京・武蔵村山市で乗り合いタクシー「むらタク」の運行が始まるとの事。 乗り合いタクシーの運行を始める事になったのは、バス路線の廃止がきっかけの模様。 要は、バス路線が廃止され、通院や買い物などが不便になる人を救うためのようです。 こうしたケースは、全国のあちこちで出てくるのでしょうね。 【ブログ内の人気記事紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はショッピングセンターの開業件数が70件強にもなる勢いのようです

今年(2013年)は、ショッピングセンター(店舗面積1,500m2以上、かつ、テナント数が10店以上)の開業件数が、70件強にもなる勢いのようです。 ショッピングセンターの開業件数が前年を上回るのは6年ぶりで(前年は35件)、又、地方都市の駅前などに開業する中小型のショッピングセンターが多くなっていく傾向にある模様です。 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方都市の市街地活性化、買い物弱者(買い物難民)対策に思う

地方都市で、色んな市街地活性化、買い物弱者(買い物難民)対策がされているとの事。 地方都市では百貨店が撤退したり、商店街が昔に比べ活気がなくなっていたりと、寂しく思う事が多々あります。 市街地活性化対策などが功を奏して、市街地に少しでも賑わいが戻ったり、住民の暮らしが楽しくなったりするといいですね。 * 市街地活性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M-PESA、GCASH といった電子マネー、送金サービスは予想以上に進んでいるみたいです

M-PESA、GCASHといった電子マネー、送金サービスは予想以上に進んでいると感じました。 M-PESA、GCASHの存在が気になり、少々調べてみた所、そう感じた次第です。 ・M-PESA アフリカでも、よく使われているらしいです。 よく利用されている理由は、銀行口座がない状態でも、携帯電話経由で現金の受け渡しがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国内の風力発電能力が2017年に現在の2倍以上の600万キロワット規模なる見込みである事に思う

日本国内の風力発電能力が、2017年に、現在の2倍以上の600万キロワット規模なる見込みであるとの事(原子力発電2-3基分に相当するようです)。 エネルギーに占める再生可能エネルギー比率が上がる事は、エネルギー供給バランスから言えば、素晴らしい事だと思いました。 ただ、かつて、ヨーロッパでの風力発電事情を耳にした事があり、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税制:パテントボックス税制(イノベーションボックス税制)興味深い仕組みですね

税制:パテントボックス税制(イノベーションボックス税制)という税制の仕組みがあるようです。 * 租税特別措置法で税制優遇する仕組みは日本でもありますが、パテントボックス税制(イノベーションボックス税制)自体は未導入。 パテントボックス税制(イノベーションボックス税制)とは、特許などの知的財産から得られる所得を通常の所得とは分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サービス付き高齢者住宅の登録戸数が8万戸超(2012年11月末時点)になった事に思う

サービス付き高齢者住宅の登録戸数が、2012年11月末時点で、82,800戸になったとの事。 サービス付き高齢者住宅の登録制度は、高齢者住まい法に基づき2011年10月に始まったもので、国は10年間で60万戸のサービス付き高齢者住宅を整備する事を目標としています。 一定の条件を充たすサービス付き高齢者住宅の建設などには、一定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貿易を通じた所得の海外流出が2012年は18.5兆円になりそうな事に思う

「貿易を通じた所得の海外流出が2012年は18.5兆円になりそう」といった情報が新聞やネット上に流れていました。 貿易を通じた所得の海外流出=交易損失が18.5兆円という事のようなのですが、交易損失の内容を読み解く上で基礎になる基準年などの情報がなく、18.5兆円という数値だけが1人歩きしているような気がしました。 交易損失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業金融円滑化法が2013年3月末に終了する事に思う

中小企業金融円滑化法が、2013年3月末に終了してしまいますね。 中小企業金融円滑化法は、2008年のリーマンショックによる景気低迷に対し、中小企業や住宅ローンの借り手を救うためにできた法律。 中小企業金融円滑化法によって、貸付条件などが変更された中小企業の債務は約300万件(金額は約80兆円)、住宅ローンの借り手の債務は約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローバルトラベラー社の空港ランキングで韓国の仁川空港が「世界最高の空港賞」を獲得した事に思う

グローバルトラベラー社の空港ランキングで、韓国の仁川(インチョン)空港が、「世界最高の空港賞(2012年)」に選ばれたとの事。 1位 : 仁川(インチョン)空港(韓国) 2位 : チャンギ空港(シンガポール) 3位 : ミュンヘン空港(ドイツ) 4位 : デュッセルドルフ空港(ドイツ) 5位 : 香港空港(中国) 6位 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフトバンクが住宅の屋根を借りて太陽光発電をする事業を始める事に思う

ソフトバンクが、住宅の屋根を借りて太陽光発電をする事業を始めるとの事。 具体的には、ソフトバンクが住宅の屋根を借りて太陽光発電装置を設置し発電。 その発電した電力を電力会社に売電し、売電収入の一部を屋根の貸し手に利用料として支払うというビジネスモデルのようです。 尚、屋根の貸し手の募集は、まず、2012年12月21日~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JX日鉱日石エネルギーが2014年度にも電力自給率を高める電力システムの請負事業を始める事に思う

JX日鉱日石エネルギーが2014年度にも、集合住宅向けに電力の自給率を大幅に高める電力システムの請負事業を始めるとの事。 JX日鉱日石エネルギーが提供する電力サービスは、燃料電池(ガスで発電)、太陽光発電などを組み合わせた仕組みのようです。 今後のエネルギー問題を考えると、JX日鉱日石エネルギーの取り組みは素晴らしいと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル)という経営指標を採用する企業が広がっているようです

CCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル)という経営指標を採用する企業が広がっているようです。 CCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル)とは、 資本の回転の良し悪しを測る指標の一つで、売上債権と棚卸資産の回転日数から仕入債務の回転日数を引いて計算します。 すなわち、CCC(キャッシュ・コンバージョン・サイクル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年度の社会保障給付が100兆円を突破した事に思う

2010年度の社会保障給付(自己負担を除いた税金や保険料で賄った費用)が約103.4兆円(公費負担も40兆円超)だったとの事。 2009年度比で、約3.6兆円増(約3.6%増)。 内訳は、年金が約52.4兆円、医療が約32.3兆円、福祉その他が約18.7兆円。 社会保障給付の公費負担分で、国税が吹っ飛んでしまう計算にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、東京電力の電力需給が逼迫している事に思う

最近、東京電力の電力需給が逼迫しているようです。 2012年11月28日のピーク時(17時台)には、電力の需給バランス(電力需要/電力供給能力)が97%を超えた模様です。 最近では11月26日にも需給バランスが95%(東京電力の事前予想では97%でしたが、他の電力会社からの電力の融通で95%になった模様)となりました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

KDDIが海上保安庁と協力して行っている船舶に設置した基地局を利用した携帯電話通信の実証実験に思う

KDDIが海上保安庁と協力して、船舶に設置した基地局を利用した携帯電話通信の実証実験を行っているとの事。 当該実証実験の目的は、災害などで陸地の基地局が被害を受けた場合でも、通信手段が確保できるようにするためのようです。 こうした対策はどんどん進めてもらいたいですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府がISS事業(国際宇宙ステーション事業)の減額を検討しているようです

政府がISS事業(国際宇宙ステーション事業)の減額を検討しているとの事。 具体的な成果が出ていない事が減額検討の理由のようです。 科学技術に対する取り組みがこんな感じでいいのでしょうか。 事業仕分の時のスパコンと同じ匂いがしますね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際M&Aで関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかるようになっているようですね

国際M&Aで最近、関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかるようになっているようです。 世界各国の力関係が微妙になりつつあり、また、企業の多国籍化・事業の複雑化が進む中、国際M&Aに係るリスクが従来以上に高くなっているという事なのでしょうね。 * 実際には世界各国の力関係が微妙になりつつある中、事業全般に係るリスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県・いわき市の「いわき見える化プロジェクト゛見せます!いわき゜」のテレビCMいいですね

福島県・いわき市の「いわき見える化プロジェクト゛見せます!いわき゜」のテレビCMを見ました。 「いわき見える化プロジェクト゛見せます!いわき゜」とは、いわき市の復興の様子や野菜などの放射線検査の様子などを紹介し、現在のいわき市の様子を知ってもらうための取り組み。 見える課という組織をいわき市内に設置し、当該活動を始めたようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーゼル銀行監督委員会が大口融資規制強化を検討している事に思う

バーゼル銀行監督委員会が大口融資規制強化を検討しているとの事。 具体的には、今の日本では、銀行単体のみでの融資は自己資本の25%、傘下の証券会社やノンバンクなどを含めたグループ全体での融資は40%で大口融資規制は運用されているようなのですが、 それを、一つの金融機関グループで可能な一つの企業グループに対する融資額を、金融機関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧米での太陽光発電ブームの揺り戻し現象に思う

欧米で今、太陽光発電ブームの揺り戻し現象が起きているとの事。 一時期、スペインやドイツの太陽光発電電力の買取制度、太陽光発電の普及の状況が話題になり、日本でもよく報道されていましたが、今や状況が変わってきているようなのです。 具体的には、スペインやドイツでは、電気代に太陽光発電電力の買取代を転嫁できず、電力会社の経営が傾いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more