テーマ:社会インフラ

温暖化対策法案の廃止が検討されている事に思う

温暖化対策法案の廃止が検討されているとの事。 うーん。心配です。 2020年までに温暖化ガス排出量を1990年比で25%減らす事ができるか否かについては議論ある所ですが、最近テレビなどでもめっきり少なくなっている感のある温暖化対策についての議論が、さらに下火になってしまいそうで少々に不安です。 「地球の気象は大丈夫なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療の電子化(電子カルテ、遠隔医療など)に思う

総務省は医療の電子化(電子カルテ、遠隔医療などへのITの利用)で、最大3兆円程度の医療費の削減効果を見込んでいるとの事。 現在は、電子カルテ・患者情報の共有や遠隔医療などが十分普及しておらず、医療費の削減効果は約1,000億円にとどまっていますが、電子カルテ・患者情報の共有や遠隔医療などが進めば、最大3兆円程度の医療費の削減効果が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツイッターのライフラインアカウント検索機能はいい機能ですね

ツイッターのライフラインアカウント検索機能はいい機能だと思いました。 ライフラインアカウント検索機能とは、ツイッターの検索ページで郵便番号を入力すると、郵便番号に対応した地域の災害情報を発信をしているアカウントを表示するというもの。 こうした機能があれば助かりますね。 ただ、2012年9月19日現在、携帯電話(iモード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンピュータの世界は機器自らが学習していく段階に入ろうとしているようです

コンピュータの世界は、機器自らが学習していく段階に入ろうとしているようです(米IBMのCEOの講演での言葉)。 ただ、機器自らが学習していく段階という言葉の意味合いは広く、どのレベルに来ているのか、今一つわからない部分もありますが、私なりの考えを記しておこうと思います。 まず、コンピュータは、事前に与えられた処理パターン(こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国交省が深層崩壊の危険が高い地域を示す地図を公表したようです

国交省が深層崩壊の危険が高い地域を示す地図を公表したとの事。私は未だその地図を確認していませんが、近い内に確認しておこうと思いました。 そして、深層崩壊の危険が高い地域を示す地図を見る時に注意したいと私が思っている事は、自分が今住んでいる地域が深層崩壊の危険地域になっていなくとも、決して安心はしないという事です。 そう考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気自動車の急速充電設備を2020年までに4,000に増やす計画があるようです

日産自動車、住友商事、JX日鉱日石エネルギーなどが共同で、2020年までに電気自動車の急速充電設備を4,000ヶ所に増やす計画との事。 現在全国に約1,900あると言われる電気自動車の急速充電設備を、2020年までに4,000に増やすのですから、大変な努力なのだと思います。 ただ、ガソリンスタンドは現在全国に約48,000で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマダ電機がサービス付き高齢者向け住宅の開発事業を始める事に思う

ヤマダ電機がサービス付き高齢者向け住宅の開発事業を始めるとの事。2012年度中に仙台市など10ヶ所で高齢者向け住宅の建設を始めるようなのです。 家電量販店を主業にするヤマダ電機が、住宅事業にも本格的にチャレンジする(せざるを得ない)時代になったのだと改めて感じた次第です。 確かに最近、欲しいと思える新しい家電製品が私には浮か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パートの時給が上昇している事に思う

最近、パートの時給が上昇しているとの事。 具体的には、2012年6月まで9ヶ月連続で、パートの賃金は前年同月を上回る状況になっているようなのです。 欧州の金融危機の影響などもあり、景気は芳しくないと思っていましたが、内需は案外健闘しているのだと思いました(確かに輸出産業は厳しいと思います)。 日本の産業構造、経済構造は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省が一般のマンション住民に対する節電支援の来年度実施を検討中のようです

経産省が、一般のマンション住民に対する節電支援の来年度実施を検討中との事。 具体的には、マンション住民が空調や照明に係る電力をコントロールするシステムを導入するに際して、導入費用の一部を補助する事を検討しているようですし、マンション住民が節電に協力すれば、電力会社から報償金がもらえる仕組みの整備なども検討している模様です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中小企業倒産防止共済」の利用が急増しているようです

「中小企業倒産防止共済」の利用が急増しているようです。 「中小企業倒産防止共済」とは、中小企業が連鎖倒産を防ぐために利用する制度で、掛け金を積んでおくと、取引先が倒産して債権が回収できなくなった場合に、無担保、無利子で一定額の貸し付けが受けられるというもの。 2011年度の新規加入件数は約33,000件にのぼったとの事(15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府が介護ロボットへの公的保険の適用拡大を検討している事に思う

政府が介護ロボットへの公的保険の適用拡大を検討しているとの事(2015年度から本格的に、介護ロボットへの公的保険の適用拡大をしていく模様です)。 社会保険への負担増は気になりますが、介護現場の作業の大変さ、介護現場の人手不足(100万人規模で不足しているとの声もある模様)などを考えると、こうした分野にもっとお金を投入してもいいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全農と三菱商事が農業関連施設の屋根を使った太陽光発電事業に参入する事に思う

全農(全国農業協同組合連合会)と三菱商事が、農業関連施設の屋根を使った太陽光発電事業に参入するとの事。 具体的には、全農と三菱商事が各45%、JA三井リースが出資する発電会社を2012年9月に設立。 当該会社が、農協グループなどが持つ畜舎、物流施設、食品工場などの屋根を借りて太陽光パネルを設置し発電するといった発電ビジネスを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都の総合特区「アジアヘッドクォーター」が今秋にも動き出すようです

東京都の総合特区「アジアヘッドクォーター」が今秋にも動き出すとの事。 具体的には、東京都内に、外国企業の会社設立申請などの事務や相談をワンストップで支援する拠点を今秋にも開設する模様です。 東京都の総合特区「アジアヘッドクォーター」は、東京をより魅力的な都市とし、外資の誘致をしようとするもの。 「アジアヘッドクォーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県丹波市春日町山王地区の自治会が太陽光発電に取り組んでいるのには驚きました

兵庫県丹波市春日町山王地区の自治会が、太陽光発電に取り組んでいる様子をテレビで見ました。 兵庫県丹波市春日町山王地区は、11世帯42人(平均年齢は60歳超)の、いわゆる過疎の地域。 その山王地区の自治会が、太陽光パネル216枚を設置し、年間4万KWh(12世帯の電力を賄える量)の太陽光発電所を稼働させているようなのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府が太陽光・風力投信の創設の検討をしている事に思う

日本政府が、太陽光・風力投信の創設の検討をしているとの事。 太陽光・風力投信とは、太陽光・風力などの再生可能エネルギーを使って発電した電力を販売して得た収益を配当の原資とする投信。 こうした仕組みができれば、今以上に再生可能エネルギーの開発に資金が流れそうですね。 なかなかいいアイデアの仕組みだと思いました。 た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・世田谷区が区民向けに太陽光発電システムの販売を始める事に思う

東京・世田谷区が区民向けに、太陽光発電システムの販売を始めるとの事(事業名:せたがやソーラーさんさん事業)。 2012年8月から募集を始めるようです(募集数は約1,000戸の模様)。 自治体自らが太陽光発電システムの販売を始めるとは、驚きました(群馬県太田市でも同様の取り組みをしている模様です)。 太陽光発電システムの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農林水産省が全国の「買い物弱者(買い物難民)」の数を910万人と推定したようです

農林水産省が、全国の「買い物弱者(買い物難民)」の数を910万人と推定したとの事。 * 経産省では以前、全国の「買い物弱者(買い物難民)」の数を600万人と推定していました。この違いは、買い物弱者(買い物難民)の定義が違う結果だと思われます。 * 農林水産省の「買い物弱者(買い物難民)」の定義は、最寄りの店舗までの距離が直線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国土交通省が「超小型車」の公道走行を認める規制緩和をする方向にある事に思う

国土交通省が「超小型車」の公道走行を認める規制緩和を今夏にも実施するとの事。 今のところ「超小型車」に明確な定義はありませんが、「超小型車」とは、1~2乗りと従来より小型の次世代の移動手段として期待されている乗り物で、主に観光客や高齢者が運転するのを想定しているもののようです(ゴルフ場のカートのような乗り物)。 「超小型車」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネガワット取引という仕組みは興味深いですね

ネガワット取引という仕組みは興味深いと思いました。 ネガワット取引とは、主に電力会社と企業の間で、電力需要抑制を目的として行われる入札取引。 具体的には、 電力会社が節電が必要な量と時間帯を提示し、 それに対し複数の企業などの需要家が節電可能量や希望手数料(節電の対価)を入札、 電力会社が希望手数料が安い需…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府が波や潮の力を使う海洋発電の開発に本格的に取り組む事に思う

政府が、波や潮の力を使う海洋発電の開発に本格的に取り組むとの事。 近々、「海洋再生エネルギー利用促進に関する今後の取り組み方針(仮称)」をまとめ、2013年度中に波や潮の力を使う海洋発電の実証実験に着手する模様です。 海の利用に関しては、漁業者などとの利害調整がかなり大変なのだとは思いますが、こうした計画はスピーディーに進め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すかいらーくグループが電気自動車(EV)用の充電器を無料開放するようです

すかいらーくグループが、電気自動車(EV)用の充電器の無料開放を、2012年5月25日から順次全国展開していくとの事。 具体的には、神奈川、埼玉、京都、奈良、滋賀のガスト9店舗で電気自動車(EV)用の充電器の無料開放を始め、5年以内にグループ全店の約30%、900店舗に広げていく方針の模様です。 無料で充電できる施設を作ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米キャタピラーが車両で運搬可能なコンテナ型自家発電機を日本市場に投入する事に思う

米キャタピラーが、車両で運搬可能なコンテナ型自家発電機(コンテナは長さ40フィートの大きさ)を日本市場に投入するとの事。 発電機の設置までの期間は、注文を受けてから最短で1ヶ月程度の模様です。 フレキシブルかつ短期間に発電機を増設できるという意味で、素晴らしい着想の製品ですね。 コンテナ型植物工場、コンテナ型データセン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共インフラの平均年齢が上昇し2011年現在で15.3 歳になっている事に思う

公共インフラの平均年齢が上昇し、2011年現在で15.3歳になっているとの事(2000年は11.4歳)。 財政が苦しい中、公共インフラの更新に回すお金が捻出できないと、深刻な社会問題(ライフラインの寸断、交通網の寸断など)が発生するおそれがあるように思いました。 とは言え、ない袖は振れない中、公共インフラの更新をどうしていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京23区がアジア途上国のゴミ処理を支援する国際協力及びビジネスを始める事に思う

東京23区(東京23区清掃一部事務組合)が、アジアの途上国のゴミ処理を支援する国際協力及びビジネスを始めるとの事。 具体的には、アジアの現地政府や自治体に、 ◆ゴミの発生量の推計手法、ゴミの収集・運搬計画の立案での協力 ◆清掃工場の建設や運営での相談 ◆海外からの研修生の受け入れ ◆海外からの視察者の受け入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の再生可能エネルギーで発電した電気量は2011年度時点で約1,945万キロワットのようです

日本の再生可能エネルギーで発電した電気量は、2011年度時点で約1,945万キロワット、国内全発電量の1%程度のようです。 * 太陽光 480万キロワット、風力 250万キロワット、中小水力 955万キロワット、バイオマス 210万キロワット、地熱 50万キロワット の合計 1,945万キロワット 2012年度の再生可能エネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然ガス(LNG)の日米価格差が単純計算で9倍にもなっているようです 驚きました

天然ガス(LNG)の日米価格差が単純計算で9倍にもなっているようです。本当に驚きました。 こうした価格差になっているのは、天然ガス(LNG)の契約価格を原油の輸入価格に連動して決める原油輸入価格連動方式で決めているための模様です。 すなわち、昨今のシェールガス技術の確立などによって、国際的な天然ガス(LNG)価格は下落の趨勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の2011年の対外直接投資額は前年比で約2倍の1,156億ドルだったようです

日本の2011年の対外直接投資額は前年比で約2倍の1,156億ドル、世界2位の規模だったようです。 世界1位は米国で3,838億ドル、世界3位はフランスで1,066億ドル、世界4位が英国で1,030億ドル、世界5位が香港で816億ドル。 やはり米国は凄いですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のインフラ輸出が5年間ほぼ横ばいなのに対し中国・韓国のそれは5年で約4倍になっている事に思う

日本のインフラ輸出額が2005年~2010年の5年間ほぼ横ばいなのに対し、中国・韓国のインフラ輸出額は5年で約4倍になっているとの事。 2005年時点では日中韓ともに200億ドル前後のインフラ輸出であったのが、2010年の時点での日本は中国、韓国に比べ、インフラ輸出でかなり遅れをとった形になっている模様です。 その原因の一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本企業による2011年度の海外企業のM&Aが過去最高になった事に思う

日本企業による2011年度の海外企業のM&Aが、金額で約7兆3,264億円(前年度比で約2倍)、件数で474件(前年度比で約23%増)と過去最高になったとの事。 昨今の歴史的な円高、企業にとって海外市場が魅力的な事(逆に日本は投資機会が少ないと思っているのだと思います)などが影響しているのでしょうね。 海外(海外企業)に投資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原油と液化天然ガスの輸入額(2011年)が前年比で約3兆円も増えているようです

原油と液化天然ガスの輸入額(2011年)が前年比で、約3兆円も増えているとの事。 日本のGDPが約500兆円である事を考えると、原油と液化天然ガスの輸入増が前年比で約3兆円というのは、日本経済には凄いインパクトだと改めて感じた次第です。 イラン情勢、為替の動向が非常に気になりますね。 【ブログ内の人気記事紹介ページ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more