テーマ:電子書籍

国会図書館が紀伊國屋書店と連携して電子書籍の無料配信の実験しているようです

国会図書館が紀伊國屋書店と連携して、電子書籍の無料配信の実験しているようです。 無料配信される期間は、2013年2月1日~2013年3月3日と短く、配信される書籍の数も13作品と少ないですが、この機会に名著(芥川龍之介、夏目漱石、宮沢賢治などの書籍)を読んでみるのも、いいかなと思いました。 今回配信される電子書籍を読むには、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマダ電機が電子書籍の配信サービスを開始した事に思う

ヤマダ電機が電子書籍の配信サービス(ヤマダイーブック)を開始したとの事。 ヤマダイーブックでは、ヤマダ電機のポイントが使えるようで、その機能が嬉しいですね。 私もヤマダ電機のポイントが蓄まっているので、そのポイントで電子書籍を購入してみようかな。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマゾンのキンドルはなかなか日本発売となりませんね

アマゾンは約2ヶ月前に、電子書籍端末「キンドル」を近日発売する発表しましたが、未だにキンドルは日本発売となりませんね。 アマゾンが書籍集めに苦労していてキンドルの発売が遅れているようなのです。 日本の流通・書籍業界に問題があってキンドルの発売が遅れているのでしょうか。 昨今、トーハンの経営問題も紙面を賑わせたりしていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凸版印刷も電子書籍端末を2012年秋に発売するようですね

凸版印刷も電子書籍端末を2012年秋に7,000円前後で発売するようです。 アマゾンはキンドル日本版を、楽天はコボタッチという電子書籍端末の発売を発表しており、最近、電子書籍端末の発売ラッシュになっていますね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽天がいよいよ電子書籍端末「コボタッチ」を2012年7月19日に発売するようです

楽天がいよいよ電子書籍端末「コボタッチ」を2012年7月19日に、価格7,980円で発売するとの事。 アマゾンもキンドルの日本語版を近日中に発売する事を正式発表しましたし(時期はまだ不明)、2012年下期は電子書籍が今以上にホットになるかもしれないですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマゾンが近々「キンドル」の日本語版を発売するようですね

アマゾンが近々「キンドル」の日本語版を発売すると告知したようですね(いつ発売開始になるかは未だ不明ですが)。 前々から「キンドル」の日本での発売は噂されていましたが、「やっと発売になるのか」といった感じで、少々待ちくたびれた感があります。 「キンドル」が日本でなかなか発売されなかったのは、 「キンドル」の日本語化に時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省が行うコンテンツ緊急電子化事業を日本出版インフラセンターが担う事になったようです

経産省が行うコンテンツ緊急電子化事業を、日本出版インフラセンター(JPO)が担う事になったようです。 コンテンツ緊急電子化事業とは、中小出版社が持つ東北関連書籍をはじめとする書籍などのデジタル化を支援する事業。 東北・被災地で書籍のデジタル化作業をする事などを条件に、書籍のデジタル化費用の一部が補助されるというものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマゾンが日本で電子書籍端末キンドルを2012年4月に発売するようです

アマゾンが日本で電子書籍端末キンドルを2012年4月に発売するようです。 以前からキンドルの日本での発売は噂されていましたが、遂に日本上陸ですね。 日本で発売されるキンドルは、電子書籍をダウンロードするための回線として、ドコモ回線をバンドルしている模様(無線LANもあるようです)。 日本でのキンドルも、電子書籍を購入す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本書店商業組合連合会が加盟する中小書店を通じて電子書籍サービスを始めるようです

日本書店商業組合連合会が加盟する中小書店を通じて、電子書籍サービスを始めるようです。 まずは2012年1月31日から、東京都内と青森県内の8店舗で、当該サービス専用の電子書籍端末「イストリア」(約18,000円)と決済に使うプリペイドカード(1,500円、3,000円、5,000円の3種類)の販売を始めるとの事。 汎用的な端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルチュア・コンビニエンス・クラブがPBの電子書籍を発売する事に思う

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、PB(プライベートブランド)の電子書籍をTSUTAY.com(PB電子書籍専用のサイトのeBOOKs+を新設するようです)を通じて2012年1月から発売するとの事。 まずはパソコン向けに、約2,000タイトル、価格1,000円で始める模様です。 書籍でPBとは驚きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都書店商業組合が電子書籍と紙の書籍を組み合わせた加盟店支援の仕組みを展開する事に思う

東京都書店商業組合が、電子書籍と紙の書籍を組み合わせた加盟店支援の仕組みを展開するとの事。 具体的には、東京都書店商業組合の電子書籍配信サイト「Booker's」で話題性の高い電子書籍の扱い、合わせ、東京都書店商業組合が、同一タイトルの紙の書籍を出版社から集め加盟書店に配本、店頭での販売促進を強化するといった電子書籍と紙の書籍を絡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBS(2011年10月26日)で気になった内容 「米国での電子教科書を巡る動き」

米国での電子教科書を巡る動きが紹介されていました。 日本の状況と比べ、米国の電子教科書への取り組みは既に本格化しているように感じ、日本の将来に危機感を覚えた次第です。 具体的には、米国では今でも、iPadを全生徒に配布し電子教科書を活用している高校が約600あるとか(日本では10の小学校で実験が始まったばかりのようです)、既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマゾン・ドット・コムが年内にも日本語の電子書籍配信サイトを開設する事に思う

アマゾン・ドット・コムが2011年内にも、日本語の電子書籍配信サイトを開設するとの事。 アマゾンの日本での電子書籍の参入によって、日本の書籍に係る流通が変わっていくのでしょうか。 アマゾンの戦いぶりが見物ですね。 【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】 →(http://ka-teitenbiz.at.webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャープとCCCが電子書籍配信事業での業務提携を解消するようです

シャープとCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が電子書籍配信事業での業務提携を解消するようで、シャープとCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)はそれぞれ独自で電子書籍配信事業を継続する模様です。 何があったかはわかりませんが、残念な結果ですね。 シャープはGALAPAGOS端末(タブレット端末)の直販からも撤退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館流通センター(TRC)が電子図書館事業を強化している事に思う

図書館流通センター(TRC、大日本印刷(DNP)のグループ会社)が、電子図書館事業を強化しているとの事。 公立図書館に、電子図書館システムの納入を進めているようなのです(堺市立図書館や萩市立図書館などに納入済みのようです)。 電子書籍に関しては、電子書籍配信サービスが乱立していたり、電子図書館のサービスも拡充されてくるなど(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

楽天が電子書籍配信サービスを始める事に思う

楽天が、電子書籍配信サービスを、2011年8月上旬に始めるとの事。 コンテンツは、ソニー・凸版印刷などが設立した「ブックリスタ」から提供を受け、電子書籍の閲覧には、パナソニックが発売予定の端末(2011年8月上旬発売予定、Android(アンドロイド)搭載・7インチのタッチパネル式の液晶画面・約400gの端末のようです)を利用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NECが電子書籍などのコンテンツとその配信設備・システムを一括提供するサービスを始める事に思う

NECが、電子書籍などのコンテンツとその配信設備・システムを一括提供するサービス(クラウドサービス)を、2011年秋から始めるとの事。 システム構築(コンテンツ配信や課金などのシステム)やコンテンツの準備には、多大な時間とコストがかかる事を考えれば、こうしたサービスを利用する事で、コンテンツ配信サービスが素早く立ち上がるようになり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大日本印刷とインプレスが複数の電子書籍配信サイトで購入した物を一元管理できるソフトを開発した事に思う

大日本印刷(DNP)とインプレスR&Dが、複数の電子書籍配信サイトで購入したコンテンツを一元管理できるソフトを開発したとの事。 当該ソフトは、Android(アンドロイド)を搭載した機器で動作するようで、2011年9月から提供を始めるようです。 便利そうなソフトですね。 電子書籍配信サービスが立ち上がりつつある中、便利…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

講談社・新潮社・学研が今後発刊する新刊書を全て電子書籍化する事に思う

講談社・新潮社・学研が今後発刊する新刊書を全て電子書籍化する予定との事。3社合計で月に400点以上の新刊書が電子書籍化されるようなのです。又、電子書籍化される新刊書の価格は、紙の書籍の70-80%を想定しているようです。 新刊書が電子書籍化されるのは歓迎です。 ただ、今の所、新刊書が電子書籍化されるタイミングは、紙の新刊書の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー・楽天・紀伊國屋書店・パナソニックが電子書籍事業で提携する事に思う

ソニー・楽天・紀伊國屋書店・パナソニックが、電子書籍事業で提携するとの事。 具体的には、2011年7月から順次、各社が現在別々に提供あるいは提供を予定している電子書籍配信サービス・電子書籍リーダーを相互接続できるようにするようです(ソニー・紀伊國屋書店は電子書籍配信サービスを提供中、楽天は電子書籍配信サービスの提供を計画中、パナソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国での電子書籍売上高(2010年)が前年比約2.6倍の約4億4,100万ドルになった事に思う

米国での電子書籍売上高(2010年の教科書や学術書を除いた87主要出版社の売上高)が、前年比約2.6倍の約4億4,100万ドルになったとの事。 ただ、紙の書籍の売上高(2010年の教科書や学術書を除いた87主要出版社の売上高)は、前年比で5%減とはいえ、未だ48億6,400万ドルで、書籍売上全体の90%超を占めているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ユニシスが東日本大震災の被災者向けに無償で電子図書館サービスを提供する事に思う

日本ユニシスが日本図書館協会と協力して、東日本大震災の被災者向けに、無償で、電子図書館サービスを提供するとの事(今の所、2012年3月までの期間限定のサービスのようです)。 素晴らしい取り組みだと思いました。 紙の書籍を被災者に届けるとなれば、その物流が大変ですが、電子書籍であれば、素早く、しかも比較的容易に多くの被災者に届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊国屋書店が電子書籍販売に参入する事に思う

紀伊国屋書店が、電子書籍販売に参入するとの事。 2011年5月20日からスマートフォン向けに電子書籍の配信を始める模様です(当初は、Google(グーグル)のAndroid(アンドロイド)OSを搭載したスマートフォン向けに配信を開始し、2011年6月からは、iPhone向けにも配信を広げる模様)。 紀伊国屋書店の取り組みは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東芝が電子書籍ストア「Book Place(ブックプレイス) 」を開設した事に思う

東芝が電子書籍ストア「Book Place(ブックプレイス)」を2011年4月20日に開設したとの事。 ブックプレイスは、東芝がブックライブ(凸版印刷のグループ会社)と協業して「dydabook活用応援サイト 東芝プレイス」内に開設した電子書籍配信サイト。 Windowsを搭載したパソコンやAndroidを搭載したタブレット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都書店商業組合がソフト会社(ウェイズジャパン)と組み電子書籍配信事業に参入する事に思う

東京都書店商業組合が、ソフト会社(ウェイズジャパン)と連携して、電子書籍配信事業に参入するとの事。 東京都書店商業組合は、東京都内の約600の中小書店が加盟する組合。 ウェイズジャパンが運営する電子書籍販売サイトから専用の電子書籍端末を使って電子書籍をダウンロードして読む形になるようです。 電子書籍端末は、電子ペーパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士通が電子書籍配信事業に参入する事に思う

富士通が、電子書籍配信事業に参入するとの事。コンテンツは、大日本印刷グループなどから仕入れるようです。 富士通は、電子書籍を閲覧するための端末(タブレット型端末、スマートフォン、カラー電子ペーパーを採用した電子書籍端末)を発売済み、若しくは発売予定ですし、子会社にニフティというネット関連企業を抱え、大規模のネットビジネスに係るノウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川グループホールディングスとグリーが電子書籍配信事業で提携する事に思う

角川グループホールディングスとグリーが、電子書籍配信事業で提携するとの事。2011年夏にも、グリーのSNSで電子書籍販売のサイトが立ち上がるようです。 テレビコマーシャルで、1日に1回は目にする今話題のグリー(ゲームの一部が無料で楽しめる事を売りにするSNS)。そのグリーが今度は、電子書籍をSNSに組み込むようなのです。 ゲ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NTTプライム・スクウェアが映像や電子書籍の配信サービス「 Fan+(ファンプラス) 」を始める事に

NTTプライム・スクウェア(NTTと角川グループの共同出資会社)が、映像や電子書籍などのコンテンツを販売・配信するサービス「Fan+(ファンプラス)」を2011年3月14日から始めるとの事。 「Fan+(ファンプラス)」は、狭くて深いコンテンツ(マニア的なショップオリジナルのこだわりあるコンテンツが、ファンプラスモールというショッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凸版印刷が様々なメーカの電子書籍端末でサービスを利用できる電子書籍配信事業を始める事に思う

凸版印刷が、様々なメーカの電子書籍端末でサービスを利用できる電子書籍配信サービス「BookLive(ブックライブ)」を2011年2月上旬から始めるようです(当初はグーグルのAndroid(アンドロイド)OS搭載のスマートフォンとパソコンでサービスを利用できる模様です)。 そして当該サービスでは、最大3台の端末で同じ作品を読む事がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KDDI(au)が電子書籍専用端末の販売 と電子書籍配信サービスを2010年12月25日から開始する

KDDI(au)が、電子書籍専用端末「ビブリオリーフSP02」の販売と、電子書籍配信サービス「リスモブックストア(LISMO Book Store)」を、2010年12月25日から開始するとの事(まず関西・沖縄から開始し、関東は1月上旬開始の模様です)。 ビブリオリーフSP02の店頭価格は1万円半ば、リスモブックストア(LISMO…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more