M-PESA、GCASH といった電子マネー、送金サービスは予想以上に進んでいるみたいです

M-PESA、GCASHといった電子マネー、送金サービスは予想以上に進んでいると感じました。

M-PESA、GCASHの存在が気になり、少々調べてみた所、そう感じた次第です。

・M-PESA
アフリカでも、よく使われているらしいです。

よく利用されている理由は、銀行口座がない状態でも、携帯電話経由で現金の受け渡しができるための模様。

アフリカで銀行口座を持つというのは、日本で考える以上にハードルが高いようで、携帯電話だけで現金の受け渡しができる事が(身分証は必要なようです)、M-PESA利用の理由のようです。

又、アフリカと言えば、治安が悪い所もあって、現金を持ち歩くわけにはいかないという理由もある模様。

・GCASH
フィリピンへの送金サービス。

このサービスも、銀行口座を持っていなくても現金の受け渡しができる事に特徴があります。

具体的には、ネットで会員登録し、銀行のATMの振り込みやファミリーマートを使ってフィリピンに送金するようです。

海外送金と言えば、手数料が高いイメージがありますが、GCASHは比較的手数料が安く、かつ、フィリピンでの受け取り手段が豊富な事が特徴のサービスの模様。

一般に、インフラが整備されていないとされる地域だからこそ、普及しつつあるサービスなのだと思いました。

未だインフラが十分整備されていない地域でのインフラ整備を考える場合、電子マネー、送金サービス、携帯電話などの事例を勘案すると、日本が進めてきた手順だけでこだわるのではなく、固定観念を捨てた形で考える事が肝要と感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

"M-PESA、GCASH といった電子マネー、送金サービスは予想以上に進んでいるみたいです" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント