日立製作所と三井物産が巨大農場を衛星を使って管理するシステムを海外で販売する事に思う

日立製作所と三井物産が巨大農場を衛星を使って管理するシステムを海外で販売するとの事。

当該システムは、衛星情報(作物の生育状況など)と地理情報システムを利用したシステムで、気象、作物の生育状況、農薬・肥料の量などのデータを分析、収穫時期などを判断できるようです。

コスト的にも、システム精度的(計算する収穫時期の誤差の大小など)にも、巨大農場だからこそできる仕組みだとは思いますが、興味深い仕組みだと思いました。

日本の農場の規模だと適用が難しいのかもしれませんが、システムの精度などが増し、日本クラスの農場の規模(せめて北海道規模)で、当該システムを使った農場監視・観測の仕組みが利用できるようになるとすれば、農業の生産性が高まるのではと感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

"日立製作所と三井物産が巨大農場を衛星を使って管理するシステムを海外で販売する事に思う" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント