韓国経済:韓国経済の躍進は錯覚とする論調が韓国国内で出ているようです

韓国経済:韓国経済の躍進は錯覚とする論調が韓国国内で出ているとの事。

具体的には「中国特需」、「ウォン安」、「サムスン、現代自」という三つの事象が韓国経済の実態を隠し、実態よりも韓国経済を良く評価させていたとの認識のようです(「三つの錯覚」という言葉で示されています)。

要は、韓国経済をよく分析して見ると、好調なのはサムスン、現代自だけで、それもウォン安に支えられており、又、自発的な産業の高度化は遅れている、今までに整理されていてしかるべき企業が倒産せずに残っているという評価が韓国国内にあるようなのです。

さらには、韓国経済は節目を迎えており、日米の金融政策が韓国経済に与える影響が少なくないなどを考えると、韓国経済の状況はアジア通貨危機の時よりも深刻との論調もある模様です。

韓国経済は大変そうと思いつつ、日本経済にも韓国経済と同様の傾向があるとも感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック