コンビニの1店舗当たりの人口に思う

コンビニの1店舗当たりの人口は、東京で1,900人強、鹿児島で3,150人強との事。

一般に東日本に比べ西日本の方がコンビニの1店舗当たりの人口が多く、西日本の方がコンビニの出店の余地があるという事なのでしょうか。

* コンビニの1店舗当たりの人口が2,500人未満の都道府県は、東京、山梨、静岡、愛知、群馬、栃木、茨城、石川、新潟、宮城、北海道のようで、西日本の府県は入っていないようです。

* 尚、四国の4県、九州の4県(鹿児島、宮崎、熊本、長崎)、山口、島根、兵庫、奈良、和歌山、福井、富山が、コンビニの1店舗当たりの人口が3,500人以上となっているようです。

東京のコンビニの1店舗当たりの人口が少ないなど、かなり特徴ある、意外な傾向だと思いました。

数値で見ないと、なかなか気づきにくい特徴だと思うとともに、数値の大切さを改めて感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック