韓国経済:米韓FTA発効1年での韓国経済の様子に思う

韓国経済:米韓FTAが発効して2013年3月15日で、丸1年になるとの事。

米韓FTA発効後、2012年3月~2013年1月までの韓国の対米輸出額は、前年同期比で2.7%弱増加し、対米輸入額は、前年同期比で7.4%弱の減少となり、

米国の韓国への直接投資額は前年同期比で70%の増加となった模様です。

EUの金融危機などもあり、経済が世界的に良くないなど、前年同期比だけで判断できない部分もありそうですが、韓国の対米輸出入額の動向には、少々驚きました。

米国は韓国とのFTAを通して、単純に韓国への輸出を伸ばそうというよりは、韓国での米国企業の投資環境を整備しようとしていたのかもしれませんね(米国の韓国への直接投資額が前年同期比で70%も増加しているので)。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック