フランスが現金決済で取引が可能な取引の上限を引き下げる事に思う

フランスが現金決済で取引が可能な取引の上限を引き下げるとの事。

具体的には、現在3,000ユーロまで認められている現金決済での取引を、1,000ユーロにまで引き下げるようで、こうした動きは、スペインやイタリアなどでも出てきている模様です。

そして、付加価値税の課税逃れを防止するのが、当該制度の趣旨のようです。

確かに現金取引は、取引の証拠となる書類などが残りにくく、不正などの温床にはなりやすいと思います。

したがって、取引の実態を把握しやすくするために、現金取引が可能な上限額に制限を加えるというのは、いいアイデアだと思いました。

ただ、日本でこの制度を導入しようとすると、現場に現金以外での決済に係るコスト負担を強いる事になるなどの理由から、大反対が起こるのでしょうね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック