ブラジル経済:ブラジルが物価高と経済の低成長に苦しんでいるようです

ブラジル経済:ブラジルが物価高と経済の低成長に苦しんでいるとの事。

物価高と経済の低成長と言えば、スタグフレーションを思い浮かべますが、ブラジル経済はそれ程芳しくないのでしょうか。

ブラジル経済が芳しくないのは、一般には、「ブラジルコスト」といわれるコスト高の現象が、一向に解消しないからだと言われているようです。

そして、「ブラジルコスト」の現象とは、

高い労働コスト(社会保険の会社負担が重い事、賃金の上昇に生産性の向上が追い付いていない事、硬直的な人事制度が存在する事などからくるコスト高)、

複雑な税金体系(税金が高い、税金処理にコストがかかる)が原因となって、

企業が事業活動をしていく上で、コスト高になっていう状況を言うようです。

インフレとデフレの違いはありますが、どこかの国も、同様な構造的な問題を抱えているように思いました。

既得権の打破はどの国でも難しいと言う事なのでしょうね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック