あーさの定点観測

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国経済:韓国の家計の財務余力が急速に悪化(09年6月約30%→12年6月約10%)している事に思う

<<   作成日時 : 2012/12/25 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国経済:韓国の家計の財務余力が急速に悪化しているとの事。

具体的には2009年6月に約30%だった家計の財務余力が、2012年6月には約10%になってしまっているようなのです。

家計の財務余力とは、((年間所得 - クレジット使用額 - 借金の元利返済額) / 年間所得 ) × 100 という数値で示されるもののようです。

クレジットカードの使用が多いと、家計の財務余力の数値は小さくなりますので、そのまま生活が苦しいとは言えないとは思いますが、それにしても、「家計の財務余力 = 約10%」というのは、想像を絶するような数値のように思いました。

* クレジットカードの使用を除けば、所得の内、自由になるお金は約10%で、所得の多くの部分は借金の返済にまわっている事になります。

そして、1世帯当たりのローン残高も、2009年6月に約8,132万ウォン(約638万円)であったのが、2012年6月には、約9,160万ウォン(約718万円)になっているようですし、

所得よりもクレジット使用額と借金の元利返済額の合計額の方が多い世帯が、2009年6月に約107万世帯(全世帯に対する比率:15.2%)であったのが、2012年6月には、約198万世帯(全世帯に対する比率:24.9%)ににもなっている模様です。

この数値を見ていると、韓国の家計は借金漬けになっていて、相当に苦しい台所事情ではないかと思いました(崩壊寸前のようにも思いました)。

韓国の大統領選挙で、経済的な格差是正が大きな論点になっていたのがわかる気がした次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








韓国経済:韓国の家計の財務余力が急速に悪化(09年6月約30%→12年6月約10%)している事に思う あーさの定点観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる