NHK大河ドラマ「平清盛」の第50回・最終回(遊びをせんとや、生まれけむ)を見ての感想

NHK大河ドラマ「平清盛」の第50回・最終回(遊びをせんとや、生まれけむ)を見ました。今回は、平清盛の死、平家の滅亡が描かれました。

しかし、平家の滅亡については、さらりと触れるだけに留めているという感じでした。

最終回で印象的だったのは、深田恭子さん演じる平時子が凄く綺麗だった事。

特に、壇ノ浦の戦いのシーンの平時子(深田恭子さん)はほんと綺麗でした。

一方、NHK大河ドラマ「平清盛」全体で感じた事は、少々残念、消化不良気味という事です。

NHK大河ドラマ「平清盛」の全部の回を見ても尚、平清盛の偉業ぶり、平清盛の凄さがあまり伝わって来なかったからです。

もう少し平清盛の偉業ぶりを盛り込んだ大河にして欲しかったです。

最終回の平家の滅亡についても、もう少し深く描いて欲しかったです。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック