あーさの定点観測

アクセスカウンタ

zoom RSS 加工食品に関する「3分の1ルール」に思う

<<   作成日時 : 2012/12/12 08:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

食品業界で、加工食品に関する「3分の1ルール」を見直す動きがあるとの事。

「3分の1ルール」とは、即席麺、菓子、飲料などの加工食品を、賞味期限の3分の1の期間以内に卸から小売に納品する商習慣。

「3分の1ルール」以外でも、小売に並んだ加工食品の多くは、賞味期限の3分の2を過ぎると棚から外され、返品、廃棄されるものが多いとも言います。

その結果、小売に納品される前に賞味期限の3分の1の期間を過ぎて返品、廃棄されるものが、年間1,139億円、小売の段階で賞味期限の3分の2の期間を過ぎて返品、廃棄されるものが年間417億円にも達するようです。

本当にもったいないと思いました。

食品を無駄にせずに済む良い方法はないものなのでしょうか。

消費者の意識が変わるのが一番だと思いますし、廃棄される食品を飼料などにうまく再利用できればいいのでしょうけれども、なかなか難しいのでしょうね。

例えば、肉や納豆は賞味期限に近い商品の方が熟成や発酵が進んで美味しいといったように、商品特性に合わせた販促をしたり、

賞味期限に合わせて1日単位で価格の調整をしたりする事はできるようにも思いますが、

これらが食品の無駄防止にどれくらい効果的なのかは、やってみないとわからないといったところなのでしょうね。

* 価格を賞味期限に合わせて調整する方法 → 賞味期限に単価を設け、例えば、賞味期限の残りが5日なら、賞味期限0日の商品単価(100円) + 賞味期限の残り(5日) × 賞味期限の単価(10円) = 150円 と価格を設定する方法。

何れにせよ、食品を無駄にせずに済む良い方法はないものかと感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








加工食品に関する「3分の1ルール」に思う あーさの定点観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる