あーさの定点観測

アクセスカウンタ

zoom RSS ポリ袋レシピを試して思う事

<<   作成日時 : 2012/11/06 12:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「油を使わずヘルシー調理!ポリ袋レシピ」(アース・スターブックス、川平秀一さん著)を購入、ポリ袋レシピを試してみました。

試した料理は、「ニンニクの芽ともやしの炒めもの」、「回鍋肉」、「鮭のちゃんちゃん焼き」の3種類。

ポリ袋に料理の材料を入れ、ポリ袋の空気を抜き、そのポリ袋を熱湯(沸騰させたままになるようにレジの火は調整しておきます)の中に入れ、湯煎する感じで料理します。

初めてのポリ袋レシピでしたので、材料が野菜だけのもの、肉が入ったもの、魚が入ったものをやってみて、味や火の通り具合などを確かめてみた次第です。

慣れは必要だと思いましたが、ポリ袋レシピは有用な調理法ですね。


ポリ袋レシピをやってみての感想は次の通り。


・ポリ袋が熱湯に浮いて苦労しました。

→ ポリ袋の中の空気は抜いたつもりなのですが、ポリ袋が熱湯に浮いきて苦労しました。

私は落とし蓋的なものを使って対処。

慣れればこうした事もなくなるのかもしれませんが、材料をポリ袋に入れるプロセスは丁寧にという事なのだと思います。


・野菜のしゃきしゃき感は楽しめました。

→ フライパンなどを使って料理するのに比べ、野菜のしゃきしゃき感は残っているように思いました。又、さっぱり感も違いました。確かにヘルシーと思いました。


・しかし、火の通りには注意。

→ ポリ袋が熱湯に浮いてしまったためかもしれませんが、「油を使わずヘルシー調理!ポリ袋レシピ」に記載されていた時間では、材料に十分火が通るまでにはいたりませんでした。

少し長めに火にかけたのですが、ニンニクの芽などは少しかたくなってしまいました(肉や魚の火の通りはいいと思いました)。

ポリ袋の空気抜きは大事ですね(ポリ袋に空気が残っていると、熱の伝わり方が悪くなるようです)。

ポリ袋レシピに慣れるまでは、火にかける時間を長くしたり、使う材料にあまりかたくないものを使う方がいいかもしれません(逆に、キャベツやもやしは、しゃきしゃきしていて美味しかったですよ)。


・後片付け(洗いもの)は楽です。

→ 鍋が汚れないので後片付けは楽ですよ。


・料理の保存や仕掛品として使える調理方法だと思いました。

→ 鍋などで料理し小分けにして冷蔵庫に保存する事を考えると、始めから小分けする前提でポリ袋レシピで料理し、料理したものを冷まして料理したポリ袋のまま冷蔵庫で保存しておけば、料理の手間が随分省けると思いました。

又、料理の仕掛品をポリ袋レシピで作っておいて、食する時に味付けするといった使い方もできそうに思いました。


・災害時などにも重宝しそうと思いました。

→ 飲み水が不足している時でも、なんらかの水があれば(泥水でもあれば)、その水を沸かしてポリ袋レシピで料理すれば、温かい食べ物が食せそうに思いました。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








ポリ袋レシピを試して思う事 あーさの定点観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる