あーさの定点観測

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際M&Aで関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかるようになっているようですね

<<   作成日時 : 2012/11/20 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国際M&Aで最近、関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかるようになっているようです。

世界各国の力関係が微妙になりつつあり、また、企業の多国籍化・事業の複雑化が進む中、国際M&Aに係るリスクが従来以上に高くなっているという事なのでしょうね。


* 実際には世界各国の力関係が微妙になりつつある中、事業全般に係るリスクが高まっているのだと思います。


* 国際M&Aで関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかっている例

→ JFEホールディングスとIHIの事業統合

→ 丸紅のガビロン(米国穀物大手)買収

→ 電通のイージス(英国広告大手)買収


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








国際M&Aで関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかるようになっているようですね あーさの定点観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる