国際M&Aで関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかるようになっているようですね

国際M&Aで最近、関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかるようになっているようです。

世界各国の力関係が微妙になりつつあり、また、企業の多国籍化・事業の複雑化が進む中、国際M&Aに係るリスクが従来以上に高くなっているという事なのでしょうね。


* 実際には世界各国の力関係が微妙になりつつある中、事業全般に係るリスクが高まっているのだと思います。


* 国際M&Aで関連国における独占禁止法関連の審査に時間がかかっている例

→ JFEホールディングスとIHIの事業統合

→ 丸紅のガビロン(米国穀物大手)買収

→ 電通のイージス(英国広告大手)買収


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック