米国では小売(ウォルマートなど)や薬局チェーンが予防接種サービスを展開しているのですね

米国では小売や薬局チェーンが予防接種サービスを展開しているのですね。

予防接種の対象になっているのは主にインフルエンザ。

小売や薬局チェーンが予防接種サービスを展開するのは、集客が目的のようです。

ウォルマートでは、予防接種サービスを2,700店舗に拡大したり、予防接種の対象を百日咳やほうしんなどにも拡大していく動きを進めている模様です。

今の日本では考えられない動きに驚いた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック