中国の鉄鋼業界は苦境が深まっているようですね

中国の鉄鋼業界は苦境が深まっているようです。

宝山鋼鉄の2012年1月~6月期の営業利益は前年同期比で約60%減の約340億円になったようですし、武漢鋼鉄の営業利益も前年同期比約89%減の約23億円となったようですし、馬鞍山鋼鉄や鞍鋼は営業赤字を計上したようです。

中国の鋼材市場は今、不動産購入規制などの影響で建材への需要が芳しくなく鋼材市況が低迷、売上が落ちているにも関わらず、粗鋼の生産量は過去最高水準近くを生産している模様です(8月中旬時点で日に193万トンを生産)。

中国の粗鋼は供給過剰になっているのではないかと思いますが、なぜ各メーカは減産しないのでしょうかね。

中国の鉄鋼メーカは約800社存在すると言われていますが、このままだと鉄鋼メーカがバタバタと潰れ、社会不安が生じるおそれすらあると思いました。

中国で仕事している人から聞いた話ですが、現在の中国の状況は、リーマンショックの時の状況よりも悪いかもとも言っていました。

中国経済の状況は心配ですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック