ダイキ(ホームセンター)がEVの取り扱いを始め愛媛県の島しょ部や山間部に販売しようとしている事に思う

ダイキ(ホームセンター)がEV(電気自動車)の取り扱いを新たに始め、愛媛県の島しょ部や山間部にEVを販売しようとしているとの事(愛媛県の島しょ部や山間部へのEVの販売は、ダイキが行う買い物弱者支援の取り組みの一貫の模様)。

ダイキが取り扱うEVは、三菱自動車の「i-MiEV(アイミーブ)」と「MINICAB-MiEV(ミニキャブミーブ)」。

島しょ部などは、走行距離が限られる、ガソリンスタンドのインフラが整っていない・ガソリン価格が都市部に比べ高いといった事を念頭に、島しょ部などにはEVの需要があると踏んでの事のようです(まずは愛媛県松山市の島しょ部でアプローチする模様)。

確かに過疎地では、ガソリンスタンドが便利な所にあるわけではないので、過疎地とEVは相性がいいように思いました。

家庭の電気で充電して自動車を利用できるとすれば、便利になりそうですよね。

自動車の買い換えタイミングなども影響するのでしょうが、案外過疎地からEVが普及していくのかもしれないと感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック