米国がウナギをワシントン条約の対象にし国際取引を規制をするという提案を検討しているようです

米国がウナギをワシントン条約の対象にし(附属書�にアメリカウナギ他を入れる事を考えている模様)、国際取引を規制をするという提案を検討しているようです。

ワシントン条約とは、絶滅のおそれのある動植物の保護を目的とする条約。

規制内容を定めた附属書�~�があり、絶滅のおそれの具合により、異なる動植物の取り扱いを定めています(附属書�が一番厳しく、商取引を全面禁止にしています)。

そしてウナギという意味では、ヨーロッパウナギが既に附属書�に登録されていて、国際商取引が制限されるという形になっています。

米国が検討している今回のウナギの国際商取引規制が、アメリカウナギだけなのか、日本ウナギも含まれるのかなどの詳細はわかりませんが、ヨーロッパウナギ以外のウナギがワシントン条約の附属書に登録されるとすると、ウナギが市場にまわりにくくなるのでしょうね。

ウナギは今の内に堪能しておいた方がいいのかもしれないですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック