NHK大河ドラマ「平清盛」の第28 回(友の子、友の妻)を見ての感想

NHK大河ドラマ「平清盛」の第28回(友の子、友の妻)を見ました。今回は平治の乱の後処理が描かれました。

平治の乱の敗者である藤原信頼や源義朝・頼朝親子などが捕えられ処刑されたり、追い詰められて自害したりするという内容でした。

源義朝の死は本当に壮絶でしたね。

そんな中で、源氏の嫡子である源頼朝、常磐御前、常磐御前の子供達(お腹の中にいる牛若(後の義経)を含め)が助命されます。

この時の助命がなかったら、後の源平合戦もなく、鎌倉時代も来なかったと思うと、この助命は平氏の痛恨のミスという事になるとは思いますが、どうして平清盛がこうした処理をしたのかよくわかりません。

一説には、源頼朝の助命は清盛の母の懇願によるとされ、常磐御前の子供達の助命は常磐御前が自らを清盛に捧げたためとされています。

ただ、平氏の事だけを考えると(後々の平氏に対するリスクを考えると)、源氏を根絶やしにすべく、源頼朝、常磐御前、常磐御前の子供達は処刑しておくのが筋だと思いますし、武士たる清盛もまずはこう考えたのではないかと思います。

こうした状況で清盛は源頼朝らを助命(常識通りの動きをしなかった)のですから、清盛には、なんらかの考えがあったのかもしれません。

例えば、武士勢力 VS 旧勢力(貴族)の将来を考え、平氏が万一凋落した場合の武士勢力の支柱として源氏を温存しておいたなど。

とは言え考え過ぎですかね。

やはり、清盛にある種のおごりがあり、源頼朝、常磐御前、常磐御前の子供達を助命したという事なのでしょうか。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック