NHK大河ドラマ「平清盛」の第26回(平治の乱)を見ての感想

NHK大河ドラマ「平清盛」の第26回(平治の乱)を見ました。今回は平治の乱の前編で、信西に冷や飯を食わされている貴族と源氏(源義朝)が信西に叛旗を翻すという内容でした。

そして今回で信西がこの世を去ってしまいました。改革派の信西が平治の乱で倒れなかったなら、日本の将来は大いに変わった可能性もありますよね。

信西が改革をこのまま進めた結果、例えば、武士の世が起こるのが遅れてしまったとすれば、相当歴史は変わったものになり得たなどと思うと、平治の乱は大きな出来事と改めて感じた次第です。

尚、信西を演じるサダヲさんがこれからの「平清盛」で見れなくなるのは本当に残念です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック