NHK大河ドラマ「平清盛」の第27回(宿命の対決)を見ての感想

NHK大河ドラマ「平清盛」の第27回(宿命の対決)を見ました。今回は平治の乱の後編。平氏と源氏が対決し、平氏が勝利を収めるという内容でした。

平治の乱の趨勢を見ていると、平清盛と源義朝では役者が違うと感じました。平清盛は源義朝の謀反を事前に知っていて、用意周到に源氏の追い落としたのかもとさえ思えた次第です。

と言うのも、平治の乱の結末が、あまりにも平氏に有利に働いているように思えるからです(平治の乱の結果は平氏の一人勝ちのように思え、平氏には上手すぎるストーリのように見えて、何か裏がありそうと感じたました)。

何れにせよ、平清盛の時代を読む力、構想力は凄かったのでしょうね。叶わぬ夢ですが、一度、平清盛と話をしてみたいと思いました。

* ドランクドラゴンの塚地さんが演じる藤原信頼は、嫌な貴族の感じがよく出ていましたね。塚地さんの演技は凄いと思いました。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック