NHK大河ドラマ「平清盛」の第25回(見果てぬ夢)を見ての感想

NHK大河ドラマ「平清盛」の第25回(見果てぬ夢)を見ました。感想を書くのは久方ぶりです。

NHK大河ドラマ「平清盛」は視聴率が芳しくないと言われていますが、私は毎週欠かさず、楽しく視聴しています。

今回感じ入った事は、信西の思いの強さといいますか、信じる事(国を良くするには世間離れした貴族中心の政治をするのではなく、民を良くする政治をすべきという考え方)に突き進む一途な姿です。

こうした姿勢で信西が突き進めば進む程、既得権益を持つ貴族とは衝突してしまいますよね。

おそらく信西は、信西に不満を持つ貴族達との間に衝突が起こる事、そして自分の身に危険が及ぶ事(平治の乱に至る事)もある程度わかっていたのではないかと思います。

それでも信西が自分の理想を追い求める姿に、私は感動しました。

そして信西が、単に自分の理想を追い求めるだけでなく、いつ来るともしれないチャンスに備え、自己の研鑽を怠らなかった事にも感動しました。

いつ再開されるかもしれない遣唐使に備えて、中国語を学び、中国の事情に通じておくといった事は、常人にはできる事ではないと感じた次第です。

信西の姿を見習わないといけないと強く思った次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック