あーさの定点観測

アクセスカウンタ

zoom RSS 公共インフラの平均年齢が上昇し2011年現在で15.3 歳になっている事に思う

<<   作成日時 : 2012/05/21 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

公共インフラの平均年齢が上昇し、2011年現在で15.3歳になっているとの事(2000年は11.4歳)。

財政が苦しい中、公共インフラの更新に回すお金が捻出できないと、深刻な社会問題(ライフラインの寸断、交通網の寸断など)が発生するおそれがあるように思いました。

とは言え、ない袖は振れない中、公共インフラの更新をどうしていくのか、相当難しい問題だと感じます。

一度整備した公共インフラを畳んでいくのには困難が伴うとは思いますが、人口減少、高齢化などを考えると、右肩上がり前提で拡大していった公共インフラは、社会の変化に合わせて畳んでいく必要があるのだと思います。

又、公共インフラの更新費用を捻出するためには、公共インフラの実際の利用者が費用負担する事も必要なのかもしれません。

何か従来とは異なる公共インフラの新設・更新に係るスキームが必要とは思いますが、かなりの難問と感じる今日この頃です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








公共インフラの平均年齢が上昇し2011年現在で15.3 歳になっている事に思う あーさの定点観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる