プロトリーフの「袋で育てる菜園セット」(ミニトマト、キュウリ、ナス)いい商品ですね

プロトリーフの「袋で育てる菜園セット」はいい商品だと思いました。

「袋で育てる菜園セット」は、栽培に必要なアイテムがほぼ全て入っていて(支柱は入っていない)、手軽に野菜作りが楽しめる菜園キットで、価格は約1,000円。

ミニトマト、キュウリ、ナスの3種類があるようです。

商品に梱包されているのは、ビニール袋(プランターとして利用)、土(培養土)、種、説明書など。

ビニール袋に排水用の穴をあけ、ビニール袋の中に土を入れて、野菜を育てるようです。

野菜をいざ育てるとなると、育てる野菜にあった容量のプランター、土、肥料などを用意し、水やりや支柱建てや芽かきなどの管理をしながら育てていきますが、

「袋で育てる菜園セット」には、栽培に必要で、育てる野菜に適したアイテムがほぼ全て入っていて、しかも、野菜の育て方が記載された説明書付きなので、失敗が少ないのではないかと思いました。

これならベランダなどでも手軽に失敗少なくミニトマト、キュウリ、ナスが育てられそうです。

私は菜園を借りて野菜作りをしているのですが(まだ野菜作りを始めたばかりの初級者ですが)、その経験からすれば、野菜作りの初級者は、ミニトマトの栽培から入るのがいいと思います。

実際、ミニトマト、キュウリ、ナスを育ててみて、私にはミニトマトの栽培が一番容易のように思えたからです。

ミニトマトはキュウリ、ナスに比べ、病気に強いように感じたからです。

私が栽培したのは路地で、ベランダで栽培するのとは栽培環境が違うため単純比較はできないとは思いますが、キュウリ、ナスは病気や食害にやられて、ミニトマトに比べ、収穫量が思うようには伸びませんでした。

こうした点から考え、野菜作りの初級者は、ミニトマトの栽培から入るのがいいと思った次第です。

何れにせよ、自分で作った野菜は、鮮度も味も格別ですよ。


* プロトリーフは「袋で育てる菜園セット」の他にも魅力的な商品を販売しています。

「ジュートプランター」
→ 麻で作った持ち手付きのバックのような形のプランター。軽くて持ち運びに便利。ピンクなどカラフル色もありおしゃれ。

「土ブロック」
→ 圧縮培養土。水をかけて膨らませると(復元すると)、ふかふかの培養土になる商品。復元時の5分の1の大きさ、6分の1の重さの商品で、保管、持ち運び、買い物が楽。スリランカ産のココヤシを培養土の材料に使っている。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン 店舗

    Excerpt: プロトリーフの「袋で育てる菜園セット」(ミニトマト、キュウリ、ナス)いい商品ですね あーさの定点観測/ウェブリブログ Weblog: レイバン 店舗 racked: 2013-07-04 02:29