あーさの定点観測

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽の北極と南極が同時にプラスの磁場になりそうな模様です今後の気象が心配ですね

<<   作成日時 : 2012/04/24 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

太陽の北極と南極が同時にプラスの磁場になりそうな模様です。

通常の太陽は、約11年周期で北極と南極の磁場が同時に反転し、北極と南極はプラスとマイナスの磁場のペアを構成しているようなのですが、それが北極と南極が同時にプラスになりそうなようなのです(今の状況が続けば、2012年5月にも両極がプラスになりそうとの事)。

そして、太陽の赤道近くに2つのマイナスの磁場ができ、太陽が「4重極構造」になる可能性もあるようです。

17〜18世紀の地球は寒冷化した時期だったようで(マウンダー極小期)、その時の太陽も「4重極構造」だったとも言われている模様。

だとすると今後地球は寒冷化していくのかもしれないですね。

ただ、最新の科学で太陽を観測できるようになったのは、星の寿命(時間)レベルで考えるとごく最近の事。

約11年周期で太陽の両極の磁場が同時に反転するとか、太陽が「4重極構造」になるといった事が意味する本当の所はわからないというのが真実だと思います。

そう考えると、想定外の事が起こるかもしれず、あまり予断を持ち過ぎる(単に地球が寒冷化すると思ったりする)のは少々危険な事なのかもしれないと感じないわけでもありません。

何れにせよ、今そして今後の太陽が従来の太陽とは違ってきているのは確かだと思いますし、そうした太陽の変化が、地球に何らの影響を及ぼし、地球に何らかの変化を促す事になるのは確かな気がします。

改めて我々は激変の時代を生きていると感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








太陽の北極と南極が同時にプラスの磁場になりそうな模様です今後の気象が心配ですね あーさの定点観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる