インドとEUがFTAの早期妥結で合意した事に思う

インドとEUがFTAの早期妥結で合意した事。

注目したいのは、もしインドとEUがFTAを結んだ場合の日本(日本企業)への影響で、FTAの中身次第では、かなり日本(日本企業)に影響しそうな感じです。

自動車を巡る扱いが焦点の一つになっているらしいためです。

EUは、現在のインドの自動車に係る高い輸入関税をなくし、ユーロ安をてこに、インドへの自動車の輸出を伸ばしたい模様なのですが、そうなると、既にインドに多額の投資をし、インドでの自動車の生産・販売を始めている日本の自動車メーカにとっては、大きな脅威になるようなのです(インドの自動車メーカにとっても脅威)。

この例を見て、企業のグローバル展開は本当に難しいと思いました。

日本国内で生産・輸出していてはコスト的に見合わないため、海外に工場を移転した所、市場環境が変わって、移転した場所で生産していく事が合理的でなくなってしまう可能性があるからです。

これは、インドにおける自動車だけでなく、人件費が上昇してしまったため、中国から東南アジアの各国に工場を移している繊維産業にも見られる動きです。

企業がグローバル展開する場合の手法には色々ありますが、どういった手法でグローバル展開するのがいいかについて、益々悩ましい時代になってきましたね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック