あーさの定点観測

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国でマクドナルドなどの外食での値上げが相次いでいるようです

<<   作成日時 : 2012/02/11 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国で、マクドナルド、スターバックスといった外食での値上げが相次いでいるようです。

* マクドナルド
→ ビックマックセットが17.5元(約210円)から18.5元(約222円)に約6%の値上げ。

* スターバックスがラテを2元(24円)値上げ。ショートサイズのラテの場合、25元(約300円)から27元(約324円)に8%の値上げ。

原料や人件費が上昇している事が、外食での値上げにつながっている模様です。

* 北京での従業員の最低賃金が2012年1月から約8.6%引き上げられたらしいです。北京では、2010年に20%、2011年に20.8%の最低賃金の値上げがあったらしいので、3年で最低賃金は、約1.6倍になった計算になります。凄い人件費の上昇ですね。

中国では、年収が6万元(約72万)〜10万元(約120万円)を中間層(それなりに裕福と言われる層)と言うようですが、その年収からしても、マクドナルドやスターバックスを利用するのは、ちょっとした贅沢なのだと思います。

ただ、マクドナルドやスターバックスが値上げするという事は、他の外食も値上げするのでしょうから、外食比率が高いとされる中国の家庭にとっては(特に中間層や大衆層(年収が6万元(約72万)未満)にとっては)、痛い値上げなのかもしれませんね(物価が上がる以上に給料が上がれば問題ないですが、色んな所で、物価上昇と給料上昇のアンバランスが起きているのでしょうね)。

* 中国では、年収が6万元(約72万)未満を大衆層、年収が6万元(約72万)以上〜10万元(約120万円)未満を中間層、年収が10万元(約120万)〜20万元(約240万円)を富裕層予備群、〜20万元(約240万円)以上を富裕層と呼ぶそうです。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文








中国でマクドナルドなどの外食での値上げが相次いでいるようです あーさの定点観測/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる