村田製作所や仙台市内のIT企業などと東北大学で農業にICTを利用する仕組みを構築するようです

村田製作所や仙台市内のIT企業など約10団体(みやぎモバイルビジネス研究会など)と東北大学が連携して、農業にICTを利用するシステムを構築するとの事。

具体的には、塩分、放射線量、地温などを測るセンサーを農場に設置し、農場の測定情報をクラウド経由で閲覧できる仕組みのようです。

この所、農業にICTを利用して、農業の生産性の向上をはかろうとするなどの取り組みが多く見受けられますね。

今後、植物工場や当該事例のような仕組みが一般化しそうな感じですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック