ダイカポリマーがビニールハウス向けの地中熱を利用する暖房システムを発売した事に思う

ダイカポリマーが、農家さんが野菜栽培などで使うビニールハウス向けに、地中熱を利用して暖房するシステムを開発・発売したとの事。

寒冷地でビニールハウスを使って農作物を栽培する場合、一般には、油をボイラーで燃やして暖房をするようなのですが、当該地中熱を利用した暖房システムを併用する事で、ボイラーで使用する油の量を減らせ(ダイカポリマーでは使用する油の量を3分の1に減らせると試算しているようです)、農作物を栽培する時のランニングコストを削減できるようです。

* 日本での農業事情を考えると(日本の夏場は高温多湿で農業には厳しい環境)、夏場のビニールハウスで冷房として使う地中熱を利用したシステムのニーズも高いように思います。

地中熱を利用した空調システムはついては、ジオパワーシステムの製品がテレビで紹介されたり、セブンイレブンが実験導入する事を決める(JFEエンジニアリングのシステムを導入するようです)などしていますので、今後ますます色んな分野で導入が加速しそうな感じですね。

今後ますます社会の省エネ化が必要と考えると、地中熱を利用した空調システムは有望なインフラと感じる次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック