東京都、大阪市、北九州市がベトナムでの水道事業を進めつつあるようです

東京都、大阪市、北九州市が、ベトナムでの水道事業を進めつつあるようです。

具体的には、東京都は、ハノイで現地公社と共同で浄水場の建設をした上で、設備の維持管理をする合弁会社を現地に設立していく予定のようですし、

大阪市は、ホーチミンでの水道事業への本格参入を目指して、水道に係る問題点などの調査を始めているようですし、

北九州市は、ハイフォンで水道システムに係る導入契約をしたようで、将来にわたってのコンサルティング業務も請け負っていく模様です。

ここ2~3年、自治体が水ビジネスへの参入を目指す動きが活発化しているように思いますが、現地(海外)での事業化が進みつつあるのですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック