NHK大河ドラマ「江」の第45回(息子よ~偉大なる父家康最期の涙)を見ての感想

NHK大河ドラマ「江」の第45回(息子よ~偉大なる父家康最期の涙)を見ました。ついに徳川家康が亡くなるという内容でした。又、徳川家康と秀忠親子、江と竹千代(後の家光)親子の心が通じた回でもありました。

そして今回の放映を見ていて、「天下人は孤独」、「天下人は心を鬼にしないと務まらない」とも感じました。天下人は子供を子供として扱えないのですから。

そのために乳母の制度があり、子供を両親(天下人など)と離して育てたのかもしれないとも思いました(過度な親子感情が生じないようにするために、子供を両親(天下人など)と離して育てたのかもと思いました)。

世の中を治めるためには、それくらいの割り切り・合理的な思考(過度な親子感情は排除するなど)が必要なのかもしれませんね。

次回が「江」の最終回。どういった内容になるのか、楽しみですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック