東京都書店商業組合が電子書籍と紙の書籍を組み合わせた加盟店支援の仕組みを展開する事に思う

東京都書店商業組合が、電子書籍と紙の書籍を組み合わせた加盟店支援の仕組みを展開するとの事。

具体的には、東京都書店商業組合の電子書籍配信サイト「Booker's」で話題性の高い電子書籍の扱い、合わせ、東京都書店商業組合が、同一タイトルの紙の書籍を出版社から集め加盟書店に配本、店頭での販売促進を強化するといった電子書籍と紙の書籍を絡めた策を進めるようなのです。

従来話題作は、大手書店に優先的に配本される傾向が高く、一般に、中小の書店には十分な量が配本されるわけではなかったようです(家の近くの小さな書店に話題作が並ぶのは、大手書店に比べ遅かったり、量が少なかったりしています)。

今回の東京都書店商業組合の加盟店支援策は、電子書籍配信サイト「Booker's」を販売促進手段として使って、話題作の中小書店への配本数を従来以上に確保する事で、中小書店の経営を支援しようとするもののようです。

興味深い取り組みだと思いました。

確かに、家の近くの小さな書店でも話題作が適時に並べば、家の近くの小さな書店で本を買うケースが私自身増えそうと思いました。

東京都書店商業組合の思惑通り、中小書店への話題作の配本が増える結果になるかどうかわかりませんが、中小書店が生きるための1つの方法は、話題作をタイムリーに店頭に並べ続ける事ができるような仕組み作りにあるかもしれないと感じました。

中小書店は、身近にあってちょっと便利な書店として、コンビニ化して生き残っていくのかもしれないですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック