タクシー乗務員による生活支援サービス(買い物代行:両備ホールディングスなど)興味深いですね

タクシー乗務員による生活支援サービスが、行われるようになってきているようです。

具体的には、両備ホールディングスが、買い物代行サービスを行っているようですし、日本交通が、子供の送迎などを行っているようです。

なかなか興味深いサービスですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小鳥が丘団地救済協議会
2012年03月03日 10:32
岡山の有力企業・「両備ホールディングス株式会社」(両備バス)が、産廃跡地を宅地造成分譲し、約20年後に購入者の岡山市「小鳥が丘住宅団地」住民のマイホームから土壌汚染が表面化し、「両備」と8年ちかく係争中です。

住民が解決を要望しても、行政は「法律の想定外」と放置し、宅地造成分譲会社(両備)は「法律に明記してないので責任はない」と放置したため、被害住民が「両備」を提訴し長期間の裁判になっています。

行政は事なかれ主義だし、企業は法律の盲点をついて責任を取ろうとしませんね。

社会的責任を取ろうとしない企業に対し、法的責任までも問えないとしたら法治国家とは何なのでしょう。

あとは、有害ガスが日常的に住宅地のあちこちから噴出するマイホームと、住人の健康被害と、担保価値のない売れない固定資産税を払い続けなければならない住めない物件が残るだけです。

昨年、第1次訴訟(3世帯住民)の第1審判決は原告(住民)勝訴となり、知るかぎりでは土壌汚染裁判で被害住民が勝訴した全国初の判決になりましたが、被告(両備)が控訴し、現在「高裁」で係争中です。

http://blogs.yahoo.co.jp/kotorigaoka/52369125.html

ブログ(小鳥が丘土壌汚染「第一審判決」後の記事3題)

http://www.geocities.jp/kotorigaoka/
小鳥が丘団地救済協議会
2012年04月29日 18:36
岡山「両備HD」分譲の土壌汚染裁判、「高裁判決」は6月28日。

第一審判決で原告(住民)が勝訴したあと被告(両備)が控訴した「控訴審」で、裁判所は結審後に和解協議を設定し、今日まで協議を積み重ねていましたが、和解に至らず、裁判所は判決期日を決定しました。

判決言い渡しは、2012年6月28日(木)、13時10分から、「広島高等裁判所・岡山支部」で行われます。

【第二審】
控訴人・附帯被控訴人・被告  ; (両備ホールディングス株式会社)
附帯控訴人・被控訴人・原告  ; (小鳥が丘団地第一次訴訟3世帯住民)

http://blogs.yahoo.co.jp/kotorigaoka/52956646.html
ブログ(「控訴審」判決期日決定!小鳥が丘土壌汚染訴訟)

http://www.geocities.jp/kotorigaoka/
小鳥が丘団地救済協議会
2012年07月05日 16:46
<岡山「両備HD」、土壌汚染裁判で再び敗訴!「高裁判決」>

岡山市・「小鳥が丘団地」、マイホーム土壌汚染事件

2012年6月28日
「広島高等裁判所・岡山支部」

第一審判決に続き、岡山「両備ホールディングス」(当時・両備バス)の不法行為を認定。
「両備HD」に賠償命令。
被害住民の主張を認める。

広島高裁は、「両備HD」の説明義務違反による不法行為を支持し、第一審判決よりも明確に「両備HD」の責任を認める判決内容でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/kotorigaoka/53153549.html
ブログ(小鳥が丘土壌汚染・住民が連続勝訴!高裁判決!)

http://www.geocities.jp/kotorigaoka/

この記事へのトラックバック