三井不動産などが「柏の葉キャンパスシティ」でエネルギーを一元管理するシステムを構築する事に思う

三井不動産・日立製作所など18社が、千葉県・柏市の「柏の葉キャンパスシティ」で、電力などのエネルギーを一元管理するシステム(地域全体のエネルギー使用量を一元的に把握・管理し、街でのエネルギー使用効率を高めるためのシステム)を構築するとの事。

将来的には、スマートグリッドの構築も視野に入っている模様です。

「柏の葉キャンパスシティ」は、官(千葉県・柏市)学(千葉大学、東京大学)民(三井不動産など)が連携して、「環境・健康・創造・交流の街をつくる」をコンセプトに建設を進めているニュータウン(住居、ショッピングセンター(ららぽーと)、大学キャンパス(千葉大学、東京大学)などがあります)。

「柏の葉キャンパスシティ」は、今までにも、三井不動産が千葉大学や東京大学と連携して、スマートシティとしての開発を進めるなど、さながら近未来の街づくりの実験場所の色が強い所。

やはり、目が離せない街と感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック