富士通が和歌山県の果樹園などとクラウド技術を使って効果的にミカン栽培する実験をする事に思う

富士通が、和歌山県の果樹園(早和果樹園(農業生産法人)、和歌山県農林水産総合技術センター果樹試験場)と組み、クラウド技術を使って効果的にミカンを栽培する実験をするとの事。

センサーやスマートフォンを使って、みかんの樹の生育状況・降水量・地温などの情報を収集・データセンターに蓄え、みかんの樹1本ごとに生育状況を分析・管理、適切な追肥などを実現する事で、糖度の高いミカンを栽培する事などを実現しようとするもののようです(農業クラウドを使った効果的なみかんの栽培)。

興味深い取り組みですね。

みかん栽培にコンピュータが使われる時代になるとは、非常に驚きました。

みかんと言えば、昔は「温州みかん」のイメージが強く、「温州みかん」だと安く栽培にコンピュータを使うと言った事は考えられなかったかもしれません。

しかし、最近では、色んな柑橘類を掛け合わせて、付加価値の比較的に高いみかんが栽培されるようになった事から、栽培にコストをかける事(コンピュータ・センサーを使った栽培)ができるようになったのかもしれませんね。

栽培にコストをかける事(コンピュータ・センサーを使った栽培)ができるようになったのも、実は、日々の絶え間ない品種改良の賜なのかもしれないと感じた次第です。

品種改良とコンピュータを使った高品質の栽培の両輪で、みかんの高付加価値化を図っていく時代がやってきているのかもしれませんね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック