日立製作所が分散型エネルギー管理システムの実証実験をする事に思う

日立製作所が、分散型エネルギー管理システムの実証実験を、茨城県日立市でするとの事。

日立製作所が行う分散型エネルギー管理システムとは、事業所(工場など)内に小型電源や蓄電池などを設置し、事業所内への電源供給と事業所内の電力使用量の管理をすると同時に、電力供給に障害が起こった場合には、早期に電源を復旧しようとするシステム。

事業継続計画(BCP:Business Continuity Planning)に対する注目が集まっている中、意義深い実験だと思いました。

同時に、スマートグリッド、マイクログリッド、事業所への自家発電の導入、家庭への蓄電池・太陽光発電装置の導入など、電力・電源の分散化の流れが加速しているのだとも感じました。

電力に関しては、発送電分離という大きなテーマが議論されつつありますが、その結果により、電力を巡る環境も、大いに変わり得ると思います。

電力・電源分散化の流れは加速しているとは思いますが、発送電分離というテーマの議論の行く末が、電力・電源の分散化をより一層加速するのか、それとも、電力・電源の分散化に一定のブレーキをかけるのかの分かれ目になりそうにも感じます。

電力会社の思惑などもありそうですが、電力網は徐々に開放されていくのかな。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック