トヨタ自動車とマイクロソフトが次世代車載システム(テレマティクス)で提携する事に思う

トヨタ自動車とマイクロソフトが次世代車載システム(テレマティクス)で提携するとの事。

* テレマティクス(Telemacs)とは、テレコミュニケーション(Telecomunication)とインフォマックス(Informatics)からできた造語で、移動体(自動車など)に対して行う移動体通信を使ったサービスシステムの総称。

マイクロソフトが、トヨタ自動車の子会社でトヨタ車向けのディジタル情報サービスを扱っているトヨタメディアサービスに10億円出資した上で、マイクロソフトとトヨタ自動車でテレマティクスの開発を進めていくようなのです。

具体的には、マイクロソフトのWindows Azure(ウインドウズ アジュール、マイクロソフトのクラウド構築プラットホーム)をベースにGPSやエネルギー管理やマルチメディア技術などを組み込んで、トヨタ車向けのテレマティクスを構築していくようです。

そして、2012年には、電気自動車(EV)やプラグインハイブリット車(PHV)向けに当該テレマティクスを提供していく予定の模様です。

トヨタ自動車は、テレマティクスを開発する際し、OSやクラウドのプラットホームに、マイクロソフトのプラットホーム(ウインドウズ)を選択し、そのプラットホーム上に、トヨタ仕様のアプリケーションを開発する事で(一部、トヨタ仕様のOSやクラウドのプラットホームの改造も入るのだと思います)、トヨタ車向けのサービス展開をペースアップしたいのかもしれませんね。

その際、車載のプラットホームに、マイクロソフトの組み込みOSのWindows Embedded Automotiveを採用するのかもしれませんね。

一方、トヨタ自動車は、グループ企業にトヨタホームやミサワホームという住宅メーカを抱え、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)をはじめとするスマートグリッド関係のシステム構築もてがけています。

こうしたスマートグリッド関係のシステム開発にも、プラットホーム提供という形でマイクロソフトが一枚噛んでいくのでしょうか。

そうする事でトヨタ自動車は、スマートグリッド関係のシステム開発もペースアップさせるのかもしれませんね。

今回の災害・停電をきっかけになって、HEMSといったスマートグリッド関係のシステム開発がペースアップするのかもしれないと感じた次第です。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック