ハイフラックス(シンガポールの会社)が海水淡水化施設をシンガポールに建設する事に思う

ハイフラックスが、海水淡水化施設をシンガポールに建設するとの事。

ハイフラックスは、アジアの「水の女王」と呼ばれている、シンガポールにある水ビジネスをてがける会社で、中国の水ビジネスにも積極的な会社。

シンガポールの水は、隣国のマレーシアに大きく依存しているようで、シンガポールにおける水の自給率を上げるために、当該プロジェクトが行われるようです。

世界を見渡せば、こうした切り口のビジネス(海水や下水をきれいな水に処理するビジネス)は多くあるのだと思います。

日本企業は、海水や下水をきれいな水に処理する技術に秀でていると思われるので、こうしたビジネスを日本企業が多く取り込めればいいですね。


* ハイフラックスと日本企業との連携について

三井物産は既にハイフラックスと提携し、ギャラクシーニュースプリングという合弁会社を作り、中国での水ビジネスをてがけているようです。

三井物産は水ビジネスにおいても、商社らしい素早い動きをしているようですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック