KDDI(au)が電子書籍専用端末の販売 と電子書籍配信サービスを2010年12月25日から開始する

KDDI(au)が、電子書籍専用端末「ビブリオリーフSP02」の販売と、電子書籍配信サービス「リスモブックストア(LISMO Book Store)」を、2010年12月25日から開始するとの事(まず関西・沖縄から開始し、関東は1月上旬開始の模様です)。

ビブリオリーフSP02の店頭価格は1万円半ば、リスモブックストア(LISMO Book Store)の利用には月額525円の利用料がかかる様子(電子書籍の購入代金は別途かかります。無料の電子書籍(約2,000冊)もあるようです)。

ビブリオリーフSP02は、B6サイズの大きさで、ディスプレイには電子ペイパーを採用。

携帯通信や無線LAN(Wi-Fi)経由でリスモブックストア(LISMO Book Store)から電子書籍をビブリオリーフSP02にダウンロードして書籍を読む形になるようで、電子書籍代は、携帯電話代といっしょに請求されるようです。

ビブリオリーフSP02を使った電子書籍の利用は、アマゾンのキンドルを使うのと同じような感じのようですね。

ビブリオリーフSP02の販売と、リスモブックストア(LISMO Book Store)のサービス開始が2010年12月25日という事で、KDDI(au)からのクリスマスプレゼントという感じなのでしょうか。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 電子書籍

    Excerpt: このところ、パソコンで電子書籍を読むことにハマっています。 Weblog: Nuevo Style Blog racked: 2011-02-17 12:07