東京都の水ビジネスに係る海外関連情報を提供する制度を作る方針に思う

東京都が、水ビジネスで海外進出を目指す企業を対象に、海外の関連情報を提供する制度「コンソーシアム形成支援プログラム」(仮称)を作る方針との事。

水ビジネスに携わる企業(商社、メーカ、金融機関など)が当該制度に参加登録し、水ビジネスに関連する情報を共有できたり、有効な企業連合が形成されるを東京都が後押ししようとするもののようです。

海外でのインフラビジネスとして水ビジネスが注目を集める中、複数の企業が協力して、大きな果実を得る動きが重要なのだと思います。

東京都の「コンソーシアム形成支援プログラム」(仮称)が有効に機能し、いい形の企業連合が形成され、企業が水ビジネスを上手く海外で展開できればいいですね。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック