NHK大河ドラマ龍馬伝の第46話(土佐の大勝負)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第46話(土佐の大勝負)を見ました。龍馬は銃1,000丁を土産に土佐に到着、山内容堂に対して、大政奉還を幕府(徳川慶喜)に献策するよう働きかけます。その結果、山内容堂が幕府への大政奉還の献策(土佐の大勝負)を決意するといった内容でした。

今から考えても、土佐(山内容堂)が、幕府(徳川慶喜)への大政奉還の献策という大事をよく決意できたものだと思いました。

土佐の幕府への献策が受け入れられなかった場合、土佐藩はお取り潰しの上、山内容堂にも切腹の処置が下ったかもしれません(後藤象二郎も切腹になったかもしれません)。

そういう状況で土佐(山内容堂)は幕府へ大政奉還の献策をしたのですから、凄い決意だと思ったのです。

ただ、どうして土佐(山内容堂)が幕府への大政奉還の献策を決意したのか・できたのかや、大政奉還で藩内をまとめ、山内容堂を説得する後藤象二郎の姿(後藤象二郎の働き)が、龍馬伝の中ではあまり描かれていないように思えたのは、少々残念でした。

思うに、山内容堂や後藤象二郎は、土佐が動いても動かなくても、早々に幕藩体制が崩壊すると判断していたのだと思います。

そして、今土佐が動かなかった事に対するリスク(幕府が倒れた後の力関係で、土佐(山内容堂や後藤象二郎など)が有利なポジションを得られないリスク)を回避するため、土佐(山内容堂)は、大政奉還(ある種の倒幕)に動いたのではないかと思いました。

又、土佐(山内容堂)が武力ではなく大政奉還による倒幕に動いたのは、倒幕で先行する薩摩や長州の後塵を配し、幕府が倒れた後の力関係で薩摩や長州に対抗できなくなる事を危惧したためではないかとも思いました。

さらに、最悪、幕府に大政奉還の献策が受け入れられなくとも、幕府に土佐を咎めるだけの力は残っていないと土佐(山内容堂や後藤象二郎)は判断していたのかもしれません。

そして、幕府による土佐攻撃への保険が、龍馬が用意した1,000丁の銃(武力)であり、薩土盟約だったのかもしれません。

今までの龍馬伝を見て、土佐(山内容堂)は、今の状況に悩んでいるものの実質的には何も考えておらず、何の有効な手も打てていないように思っていましたが、案外、強かな手を打っていると感じられた龍馬伝第46話でした。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック