NHK大河ドラマ龍馬伝の第45話(龍馬の休日)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第45話(龍馬の休日)を見ました。坂本龍馬が、大政奉還の説得で山内容堂を土佐に訪れる途中(長崎から)、長州の下関に立ち寄り、お龍たちと、一時の休日を楽しむといった内容でした。

それにしても、真木よう子さんが演じるお龍、可愛らしかったです。久しぶりに龍馬に再開した喜びに溢れているように思えました。

それに対し龍馬は、少々羽目を外し過ぎ、お龍の期待を裏切る行動をした感があるように見えました。

貴重なお龍との時間を、ある意味大切にせず、騎兵隊の人達と酒を飲んでドンチャン騒ぎし朝帰りする始末です。英雄色を好むという事でしょうか。

風呂を沸かして龍馬の帰りを待つお龍は、少々可哀想に思えました。

結果論ですが、龍馬は暗殺され、今回が龍馬とお龍の最後の時間となったわけで、なおさらお龍が可哀想に思った次第です。

一方、龍馬が土佐に訪れる途中に下関に立ち寄ったのは、武力による倒幕に進みつつある長州(木戸孝允)を、大政奉還による倒幕に向かわせるよう説得する事も重要な目的だったのではないかと思いました。

木戸孝允や偶然長州にいた薩摩の大久保利通の龍馬を見る目は、尋常ではないように見えました。大政奉還による倒幕を進めようとする龍馬を、あたかも敵を見るような目で見ているように思えました。

又、木戸孝允が龍馬に、「もう、うろちょろしない方がいい」といった趣旨の言葉を発しますが、木戸孝允による龍馬への最期通牒のようにも思えました(おとなしくしていないと命を取るくらいの言葉に聞こえました)。

長州や薩摩にとって龍馬は、既に邪魔者になっていたのかもしれません。

龍馬伝で、龍馬の暗殺を誰の仕業とするのかわかりませんが、長州や薩摩も怪しいと感じた次第です。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html


【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック