NHK大河ドラマ龍馬伝の第44話(雨の逃亡者)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第44話(雨の逃亡者)を見ました。今回長崎で、イギリス軍艦イカルス号の水夫二人が殺されるという事件が発生。その犯人に海援隊が疑われ、坂本龍馬は長崎奉行に追われますし、お元(長崎の芸者)は隠れキリシタンである事が幕府にバレますし、岩崎弥太郎率いる土佐商会は長崎での商売ができなくなりそうになりますし、イギリスの水夫二人が殺された事件を巡って面倒な事が多々起きた龍馬伝の第44話でした。

イギリスの水夫二人が殺された事件は、龍馬がイギリス(公使館のハリー・パークス、アーネスト・サトウ)に談判して海援隊の起こした事ではないとされ、本件では龍馬も土佐藩(土佐商会)もお咎めなしという事になりました。

本件の犯人は龍馬伝の第44話の中でははっきり描かれていなかったと思いますが、福岡藩士とされたように感じられました。又、龍馬も土佐藩(土佐商会)もお咎めなしとなったのは、イギリスから幕府へのある種の圧力があったためのように感じました(イギリスが龍馬を利用できる人物と評価したため、イギリスが龍馬を生かしたように感じました)。

何れにせよ、イギリスの水夫二人が殺された事件はキナ臭い感じがしました。もしかすると、幕府が本件を作って、その罪を幕府に取って目障りな海援隊・龍馬に被せ葬り去ろうとしたのかもしれません。

史実では、イギリスの水夫二人が殺された事件の犯人はなかなか明らかにならず、明治になってから福岡藩士の仕業とされたようです。しかし、福岡藩士の仕業とされた時に犯人とされた人物はすでに切腹しており、犯人が何故事件を起こしたのかなど事件の詳細は謎のままのようです。少々不思議な事件のような気がした次第です。

そして、イギリスの水夫二人が殺された事件を巡り、幕府(長崎奉行)が龍馬を探しまわる中で、お元や岩崎弥太郎率いる土佐商会は、とばっちりを受けます。お元は隠れキリシタンである事が幕府にバレますし、岩崎弥太郎は長崎での商売ができなくなりそうになるのです。

龍馬伝第44話の中の岩崎弥太郎の台詞に、「龍馬を厄介者だ」とするものがありましたが、龍馬の近くにいた人(お元や岩崎弥太郎など)にとっては、本当にそうだったのかもしれません(龍馬は幕末において大活躍しますが、龍馬の近くにいた人にとって厄介者と思えるくらいの常識破りな事をしなかったら、その活躍はなかったかもとも感じます)。

それにしても、お元はかわいそうでした。隠れキリシタンがバレ、日本での居場所がなくなり、海外に出ていくのですから。お元のその後は、どうなるのでしょうか。幸せに暮らせたのでしょうか。次回以降の龍馬伝でお元が出てくるのかわかりませんが、少々心配になりました。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【2010年9月のブログトピックス記載記事(アクセス頻度などから記載)はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201010/article_7.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック