NHK大河ドラマ龍馬伝の第42話(いろは丸事件)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第42話(いろは丸事件)を見ました。龍馬の交渉術に脱帽でした。

海援隊・龍馬が操船する「いろは丸」が、瀬戸内海で紀州藩の蒸気船「明光丸」と衝突し沈没。海援隊・土佐藩と紀州藩がこの衝突事故(いろは丸事件)の後処理(補償問題など)で揉め、龍馬は窮地に立ちますが、交渉の結果、海援隊・土佐藩が完全勝利(海援隊・土佐藩の主張が通って衝突の原因は紀州藩側にあるとされた)、補償金8万3千両を紀州藩から得て海援隊・土佐藩の名が天下に轟くのです(徳川御三家の紀州藩が事件の相手であり、海援隊・土佐藩に事件の原因を押し付けられそうな所、海援隊・土佐藩が完全勝利)。

「いろは丸」は、四国の大洲藩から借りた蒸気船。しかも衝突事件の相手は紀州藩。龍馬は相当ヤバイ立場に置かれた事が想像されます。

それを龍馬は、世論操作したり(紀州藩の悪い噂を流す)、「万国公法」という国際法や英国海軍提督を持ちだしたりして、海援隊・土佐藩の完全勝利に導くのですから凄いとしか言いようがありません。

紀州藩は、訳のわからない事をいう龍馬に、あれよあれよという間に煙にまかれ押しまくられて衝突事件の責任を負わされたのかもしれません。

最近の研究では、「いろは丸側」(海援隊側)にも重大なミスがあったとする専門家もいるようですし、沈没した「いろは丸」には大した積み荷がなかったにもかかわらず、紀州藩から賠償を得たのではとの憶測もあるようです。

うがった見方をすると海援隊・土佐藩は、瀬戸内海で紀州藩の「明光丸」に「いろは丸」を当て、お金と名声を手に入れ、倒幕に進んでいった(倒幕でのポジショニングを得ようとした)という想像もできるような気がした次第です(少々飛躍しすぎかもしれませんが)。

とにかく、龍馬は凄いと感じた龍馬伝の第42話でした。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【2010年9月のブログトピックス記載記事(アクセス頻度などから記載)はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201010/article_7.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック