NHK大河ドラマ龍馬伝の第41話(さらば高杉晋作)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第41話(さらば高杉晋作)を見ました。今回は、土佐藩の支援の元、坂本龍馬が海援隊を立ち上げる(亀山社中から海援隊に移行する)話、長州藩の高杉晋作がまだ30歳前という若さで病死(結核)するといった話でした。

龍馬は、薩長同盟に暗躍した人物という理由で、幕府のお尋ね者になっています。それに対して土佐藩が龍馬を支援、龍馬が幕府から追及されるのをかばいますが、身の安全を考え龍馬とお龍は長州藩・下関に身を隠します。

そこで龍馬は高杉晋作と再会しますが、高杉晋作は病状(結核)が悪化しており、第41話の中で病死してしまうのです。

高杉晋作は、いろんな身分の者の集まり部隊である奇兵隊(戦は武士の役目の当時の常識からすれば異端の部隊。正規軍(武士のみの部隊)に対して奇兵隊と呼ばれたようです)を指揮し、長州藩である種のクーデターを成功させた人物。

高杉晋作が若くして病死しなかったならば歴史はどうなっていたのか、高杉晋作自身、若くして病死する事を無念に思ったのではなどと想像してしまいました。

そして今回、岩崎弥太郎のすごさが垣間見れた回でもありました。

海援隊は土佐藩の支援を受ける事になり、資金面・事務などは岩崎弥太郎が担当しますが、龍馬は、いきなり亀山社中時代の借金の支払いや蒸気船の手配を岩崎弥太郎に要求します(龍馬の要求は、かなり好き勝手なもののように見えました)。

龍馬の好き勝手とも思える要求を岩崎弥太郎はうまく処理します(大洲藩と交渉し蒸気船「いろは丸」を借りてしまうなど)。龍馬伝の中で出てきた龍馬から岩崎弥太郎への要求は氷山の一角でしょうから、岩崎弥太郎はすごく苦労したのではと感じました。

又、風呂敷を広げがちの龍馬(海援隊)の難易度が高そうな要求に適宜対応したのでしょうから、岩崎弥太郎の実務能力はすごかったのではとも感じました。

逆に、龍馬の商売を助け苦労をした事が、岩崎弥太郎の商人としての実務能力や人脈などに磨きをかけたのではとも感じた次第です。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【2010年9月のブログトピックス記載記事(アクセス頻度などから記載)はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201010/article_7.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック